スルガ銀行カードローン「リザードプラン」

全国的な知名度はそれほどではないかもしれませんが、知る人は知る、そのような銀行が「スルガ銀行」です。
静岡県沼津市に本店を構え、その名の通り静岡県、神奈川県を中心に営業を行っています。
その他、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡といった大都市圏にも店舗を展開しています。

 

スルガ銀行はインターネットバンキングとしての評判が高く、ネットバンキングのランクサイトなどでは常に上位に名を連ねています。
またゆうちょ銀行と業務提携を行い、ゆうちょ銀行が代理店としてローン商品の販売を行っています。
その結果幅広い顧客を獲得することに成功しています。

 

スルガ銀行が提供するカードローン「リザードプラン」は、ゴン中山(中山雅史さん)がCMを担ったことで人気の高い商品です。
資金使途自由ですのでおまとめローンとしても利用することができます。

 

スルガ銀行「リザードプラン」の審査について

 

一般的に銀行カードローンは審査基準が厳しいといわれています。
銀行はお客様から預金を預かり、その資金を貸金として運用しています。
その性質上、カードローンなどの審査基準を厳しくし、簡単に返済不能者を発生させないようにする必要があるのです。

 

とはいってもしっかりと要点を押させておけば審査に合格することは難しくはありません。
自分の返済能力を正確に把握し、無理のない返済ができるだけの金額を申込することが大切です。

 

カードローンの審査基準は銀行によって多少のばらつきがありますが、押さえておくべきポイントはそれほど変わりません。
スルガ銀行「リザードプラン」においても審査における重要ポイントは以下の3点です。

 

@年収

 

「リザードプラン」は総量規制の対象外ですので、年収の3分の1以内という制限は受けません。
しかし審査においてはやはり「年収の3分の1」というのがひとつの目安と考えておきましょう。
つまり申込を行いたい金額の3倍以上の年収がないと、審査は厳しくなるということです。

 

A収入の安定性

 

収入の安定性を確認する属性は主に「勤務先」「勤務形態」「勤続年数」などです。

 

「勤務先」については公務員や大企業では有利となり、零細企業や個人事業主などは不利となります。

 

「勤務形態」では正社員が一番有利で、次いで派遣社員・契約社員→パート・アルバイトという評価になります。
「リザードプラン」は専業主婦の方でも利用することができますが、高額融資は難しいと考えておきましょう。

 

「勤続年数」については3年以上あれば問題ありません。
逆に1年未満ではかなり厳しく判断されるでしょう。

 

B個人信用情報

 

個人信用情報では「現在の借入状況」「過去の金融事故」「直近の申込情報」などが確認されます。

 

「現在の借入状況」については借入金額・借入件数ともに少ないほど審査では有利です。
「リザードプラン」はおまとめローンとしても利用することができますが、それでも他社借入状況が審査に影響を与えるのはやむを得ないところです。
ちなみに住宅ローンなどの有担保ローンは審査にはそれほど影響はありませんので安心しておきましょう。

 

「過去の金融事故」が個人信用情報に確認されるとまず審査には合格できません。
自己破産や任意整理などの債務整理、概ね2か月以上の長期延滞などを発生させた方はまず不合格となります。

 

「直近の申込情報」は短期間に複数の申込を他社で行った情報のことです。
何としても借入したい気持ちが強いあまり、いくつもの申込を重複して行う方も意外とおられますが、これ自体が審査に悪影響を与えることになりますので注意しておきましょう。
「リザードプラン」においては半年で3件以上の申込がひとつのボーダーラインとなっているようです。

 

スルガ銀行「リザードプラン」をおまとめとして利用された方の口コミ情報

リザードプランを実際におまとめとして利用された方の体験談を紹介します。手続きが簡単だったという評価の反面、残念ながら審査に不合格となった方も多いようです。

 

簡単に申込できました

 

・40代男性
・正社員
・年収500万円
・借入希望金額150万円

 

静岡県に在住していることから、地元のスルガ銀行でおまとめしたいと考え申込してみました。インターネットから簡単に申込でき、年収証明書なども不要でスムーズに手続きを進めることができました。審査も無事合格、金利もかなり抑えることができ満足できる内容です。

団信保険で安心

 

・50代男性
・正社員
・年収600万円
・借入希望金額200万円

 

インターネットでおまとめローンを探しているとスルガ銀行の「リザードプラン」を発見。手続きが簡単みたいで、内容もまずますなので申し込んでみました。なんといっても銀行カードローンでは珍しい「がん特約付き生命保険」に魅力を感じました。万が一のことがあったら残された家族に迷惑をかけたくありませんからね。無事審査に合格できたので、なるべく早めに完済できるよう頑張りたいと思います。

審査に不合格!!

 

・30代男性
・派遣社員
・年収300万円
・借入希望金額70万円

 

インターネットで評判の高いスルガ銀行でおまとめしたいと考え申し込みました。しかし残念ながら審査に不合格。これまでの返済はしっかり行っていましたが、やはり正社員でないこと、年収が低いことが影響したのでしょうか。すぐに不合格の結果が出ましたので、別の手段を考えてみます。

 

スルガ銀行「リザードプラン」の商品概要

〇利用できる方

 

・個人の方で契約時年齢が満20歳以上、70歳以下の方
・安定した収入がある方
・保証会社であるスルガキャピタル株式会社・ダイレクトワン株式会社・株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けることができる方
・消費者信用団体生命保険付きを選択のときは、保険に加入できる方

 

年齢上限は70歳と消費者金融などに比較すると高めとなっています。
なお専業主婦、パート、アルバイトでも利用できますが、専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があることが必要です。

 

〇資金使途

 

・自由

 

借りたお金の使い道(資金使途)は自由ですので、おまとめとして利用することができます。

 

〇借入限度額

 

・10万円以上800万円以内

 

銀行カードローンとしては標準的な借入限度額といえるでしょう。

 

〇借入期間

 

・Visa機能付き→契約日より5年後の応答月の末日まで、以後審査により5年毎の自動更新
・Visa機能なし→契約日より1年後の応答月の末日まで、以後審査により1年毎の自動更新

 

利用状況などから問題ないと判断されると自動更新されます。
しかし利用状況に問題があると判断されると自動更新されず、以後は返済のみを行うことになります。
その結果追加借入もできなくなりますので注意しましょう。
なお満76歳に達した後初に到来する契約更新時以降は追加借入不可となります。

 

〇金利

 

・実質年利3.9%〜14.9%

 

一般的な銀行カードローンの適用金利となっています。
多くの方は最上限金利である「14.9%」に近い金利での契約となりますので、他社との金利比較時や返済計画の立案では「14.9%」を目安にしましょう。

 

〇返済日

 

・毎月1日(銀行休業日のときは翌営業日)

 

〇返済方法

 

・ATMによる返済
・指定口座への振込
・スルガ銀行口座からの振替

 

ATMによる返済では前月20日以降当月1日までの返済は約定返済となり、それ以外の期間は随時返済とみなされます。
随時返済を行った場合は前月20日以降当月1日に別途約定返済分を返済する必要がありますので注意しましょう。

 

〇返済方式

 

・残高スライド元利定額リボルビング方式

 

最低返済額が利用金額に応じて以下のように段階的にスライドしていきます。
毎月の返済金額を最低限に抑えることができる反面、返済期間が長期化することもあります。
余裕がある月は随時返済を行い、なるべく早期に完済できるようにしましょう。

 

利用残高 最低返済額(ミニマムペイント)
10万円以下 3,000円以上
10万円超20万円以下 6,000円以上
20万円超30万円以下 9,000円以上
30万円超40万円以下 12,000円以上
40万円超50万円以下 15,000円以上
50万円超100万円以下 20,000円以上
100万円超150万円以下 30,000円以上
150万円超200万円以下 40,000円以上
200万円超250万円以下 50,000円以上
250万円超300万円以下 60,000円以上
300万円超350万円以下 70,000円以上
350万円超400万円以下 80,000円以上
400万円超450万円以下 90,000円以上
450万円超500万円以下 100,000円以上
500万円超550万円以下 110,000円以上
550万円超600万円以下 120,000円以上
600万円超650万円以下 130,000円以上
650万円超700万円以下 140,000円以上
700万円超750万円以下 150,000円以上
750万円超800万円以下 160,000円以上

 

〇担保・保証

 

・不要

 

保証会社であるスルガ・キャピタル株式会社・ダイレクトワン株式会社・株式会社オリエントコーポレーションが保証しますので借入に際して担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。
逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということです。
審査などではあくまで申込者本人の返済能力が問われることになります。

 

スルガ銀行「リザードプラン」の保証会社

 

リザードプランの保証会社は「スルガ・キャピタル株式会社」「ダイレクトワン株式会社」「株式会社オリエントコーポレーション」の3社となっています。
このうち「スルガ・キャピタル株式会社」「ダイレクトワン株式会社」はスルガ銀行の関連会社です。
リザードプランを利用するには、スルガ銀行の審査の他これらの保証会社での審査にも合格しなければいけません。

 

保証会社が3社あるということは、審査に合格できるチャンスが3度あるということです。
とはいってもやはり審査基準はあまり大きな違いはありませんので、要点を踏まえて申込を行わないといずれでも不合格となります。
またスルガ銀行の他、これらの保証会社関連のローンで過去に問題を発生させている場合もまず審査には合格できません。
とくに「株式会社オリエントコーポレーション」は「みずほ銀行カードローン」など他行カードローンの保証も担当しています。
問題者の情報は社内で保管され半永久的に消えることはありません。
つまり半永久的にリザードプランでも不合格となりますので注意しましょう。

 

スルガ銀行「リザードプラン」のメリット

@専業主婦・パート・アルバイトでも申込可能

 

商品概要などには「専業主婦・パート・アルバイト」でも申込可能となっています。
しかも総量規制対象外ですので、年収の3分の1という制限を受けません。

 

ただし専業主婦の方は配偶者に安定した収入があることが必要です。
審査では年収が大きなポイントとなりますので、これらの方でも高額融資を期待するのは難しいかもしれません。

 

AVISA機能を付けることができる

 

VISA機能を付加したカードも契約可能です。
VISA機能をショッピングなどに利用すると、リザードプランから利用代金が引き落としされます。
利用金額はリザードプランの返済要綱により毎月分割返済を行います。
またこのカードは普通のVISAクレジットカードにしか見えませんので、カードローンとはわかりません。
周囲にカードローンを使用しているという印象を受けることもないでしょう。

 

Bガン保障特約付き消費者信用団体生命保険に加入できる

 

他のカードローンには見かけない「生命保険付き」カードローンはリザードプランの大きな特徴です。
カーディフ生命保険会社(カーディフ・アフュアランス・ヴィ)というフランス発祥で日本に支社がある会社の保険を活用しています。
保険料は無料(銀行負担)ですので安心して申込を行うことができますので、利用の際には必ず付帯させましょう。

 

・死亡
・がん
・高度障害状態(失明、言語障害、そしゃくの機能障害、胸部腹部障害要介護、手足マヒなど)

 

このような状態になり返済不能となると、保険金により残債が返済されます。
もしもの場合でも家族に迷惑をかけず、不安を抱えることなく治療などに専念できます。

 

保険適用の主な条件は以下の通りです。

 

・カードローンを契約して保険に加入してから90日以降にガンが始めて罹患(りかん。病気にかかること)した場合
・1年以内に病気、怪我などで二週間以上の入院、検査などを受けていない
・1年以内に人間ドックを受けて再検査等の診断を受けていない
・現在、過去を正しく告知する事が出来る(嘘などが発覚すると保険支払がされない)

 

他にも細かい条件がありますので、不明な点は担当者に相談するようにしましょう。

 

スルガ銀行「リザードプラン」のデメリット

@ローソンATMが利用できない

 

意外ですが借入・返済にローソンATMが利用できません。
ファミリーマートやセブンイレブンなどのコンビニATMは利用できますが、ローソンATMは全国に11万台以上稼働しているので残念な点です。

 

A金利が標準的

 

適用金利は「実質年利3.9%〜14.9%」。
これは銀行カードローンの中では標準的です。
確かに消費者金融などに比較するとやや低金利ですが、他にいくつかの低金利な銀行カードローンが商品化されていますので魅力を欠く点となっています。

 

スルガ銀行「リザードプラン プラス」も活用

リザードプランはおまとめ専用ではありません。
スルガ銀行には「リザードプラン プラス」という目的ローンが準備されています。
目的型ローンですので、おまとめ目的としても利用することが可能です。

 

「リザードプラン プラス」は目的ローンとカードローンを両方契約し、合計800万円までの利用が可能になっています。
商品内容は「リザードプラン」とほぼ同内容となっていますが、カードローンの最下限金利が7.0%とリザードプランに比べて高くなっています。
もちろん団体信用保険も加入できますので安心して利用できるようになっていまう。

 

リザードプランを申し込んだ際「おまとめ目的」であることをオペレーターなどに説明すると「リザードプラン プラス」に誘導されることもあるようです。
不明な点は確認して、どちらで申し込むのか相談してみてはどうでしょうか。