おまとめローン銀行借入の金利や審査基準は?

おまとめローンは、もともと銀行で扱われていた商品であり、銀行で申し込んだほうがメリットが多くなります。そのなかでも最も注目すべきは金利の低さです。おまとめローン商品によっては、金利が一桁台になっているところもあります。しかし、おまとめローンは低金利であればあるほど、必要になる条件や審査がより厳しくなる傾向にあります。

 

低金利なおまとめローンは申し込み条件が厳しい

銀行で提供されているおまとめローンには、申し込むための条件が厳しく定められているところもあります。例えば、正社員や公務員といった特定の職業形態でなければならない、年収は最低でも200万円以上でなければならないなど、かなり厳しい条件をクリアしなければなりません。

 

これらの条件を満たしていない場合、審査するまでも無く否決されてしまいます。たとえ、条件を満たしたとしても審査自体も厳しいため、おまとめローンを必ず利用できるという保証はありません。しかし、今までミスやトラブルを起こしたことがないのであれば、申し込む価値は十分にあります。

 

高金利なおまとめローンだと審査に通りやすい?

低金利だと審査が厳しくなるなら、高金利だと審査に通過しやすくなるのでしょうか?ある程度は何かしらの条件を提示してはいるものの、低金利なおまとめローンと比べるとそこまで厳しいものはあまりありません。

 

低金利なおまとめローン商品の条件が厳しいと感じる、金利が劇的に減らなくてもいいからできるだけ審査に通れるようにしたいという方は、高金利なおまとめローンを申し込んでみると良いでしょう。しかし、どこで借りるにせよ、審査内容は同じです。

 

既に複数社から借り入れをしているということで、審査は慎重に行なわれますし、おまとめ前に他社でトラブルを起こし、ブラック状態になっていた場合、まず審査に通ることはできません。借入状況や返済状況には十分注意する必要があるでしょう。

 

おまとめローン審査で重視されるポイント

審査において重要視されるポイントは数多くありますが、その中でも『返済能力の有無』は非常に大きな位置を占めます。おまとめローンは、完済することを目的としたローン商品なので、返済していくことができない、返済していく気がないと判断されると融資を断られます。

 

キャッシングやカードローンであれば、毎月安定した収入を得ていることが重要視されますが、おまとめローンの場合はそれに加えて年収の高さもポイントとなります。上記ように、200万円以上でなくてはならないわけではありませんが、できれば最初に借り入れたときよりも収入が上がっているほうが有利になるでしょう。