おまとめローンの仕組み

いくつもの借り入れ先があるとき、おまとめローンは有効な手段です。しかし勘違いをしてはいけません。おまとめローンをして借金が減るわけではありません。おまとめローンとは、現在ある複数の借金を1社にまとめることです。

 

A社、B社、C社からの借り入れをD社にまとめます。

 

 

D社からの借入金で、A社、B社、C社の借金を完済します。

 

 

これがおまとめローンです。
借金を一か所にまとめて現在の借金をおまとめ先からの借入金で完済するというもの。

 

そのため図を見てもわかるように、50万円、40万円、30万円の総額120万円の借金を完済するためには新たに120万円の借り入れが必要です。
おまとめローンといえば借金が減るという間違ったイメージもありますがそうではありません。おまとめローンをしても借り換えをしても、現在ある借金の額は変わりありません。

 

それではおまとめローンをすることで何が変えられるのでしょうか?

 

返済額が変えられる

第一に毎月の返済額を変えることもできます。例えば現在の借入先が3社で、それぞれの返済額は異なるものとします。

 

借入先 返済額
50万円の借入先 返済額13,000円
40万円の借入先 返済額12,000円
30万円の借入先 返済額10,000円
  合計返済額35,000円

 

毎月の生活費のほかに35,000円では負担が大きいという場合には、おまとめ先の「借入残高120万円に対する返済額」を比較することで今よりも負担の軽い返済額にすることができます。

 

また現状の返済額で負担は無い場合には、より金利が低い借入先にまとめることで利息の負担が軽減し、おまとめローン前の完済予定よりも格段に早く返済が終わるでしょう。

 

将来支払う利息が変わる

現在の返済額のまま、もしくはそれ以上の返済額でも計画ができるのであれば、金利を下げることで大きく変わるのは「これから先に支払う利息」です。

 

おまとめローンをしても元金が変わるわけではありません。総額120万円のおまとめローンをするのであれば120万円を借り入れなければ完済はできません。

 

今よりも低い金利に変えることで、今後の見直しにつながる、それがおまとめローンです。そのため、このまま返済を続けていれば生活が破綻するほどの苦しい状況に追い込まれているのであれば、元金が変わらない以上おまとめではなく債務整理などを検討しなくてはならないでしょう。

 

おまとめローンの意味をよく理解し、有効に活用できるようにしましょう。