借り入れ件数が多いと審査が厳しい?

複数の借金があるからこそのおまとめローンです。しかしおまとめローンは「いくつの借入先があっても利用ができる」というものではありません。やはり借り入れ件数が多ければ多いほどに、審査は厳しくなっていきます。

 

考え方を変えてみましょう!

 

確かにおまとめローンは複数の借金をまとめるためのローンです。大手消費者金融にはおまとめ専用のおまとめローンがあり、銀行ではカードローンを使ったおまとめができます。

 

「おまとめをしてあげますよ」ではなく、「返済ができるならおまとめをご利用ください」です。

 

審査ではおまとめをしても返済ができるのかが非常に重要な項目になります。またおまとめを必要としている状況の中で、これ以上に借り入れが増える可能性もまた審査には重要な項目になります。

 

これ以上に借り入れが増える可能性

それぞれの借入先には融資限度額が決められています。「これ以上借り入れが増える可能性」とは「借入可能額」です。

 

審査で懸念されるのは、現在の借入額よりも増えてしまうこと。例えば融資限度額が50万円あり、現在の借入残高が20万円であれば「30万円がいつでも借り入れができる状態」にあります。

 

 

50万円の融資限度額のうち、借入残高20万円、借り入れ可能額30万円。
これが4社あればどうでしょうか?

 

実際の借入残高は合計80万円ですが、借り入れ可能総額が120万円あります。いつでも借りられる120万円ということは、いつ借入残高が増えてもいいように審査の対象にしなくてはなりません。つまり、借入残高+借入可能額である”融資限度額が審査の対象”になっています。

 

借り入れ件数の目安は?

おまとめローンに申し込みをするとき、4社以上では多すぎると目安にしましょう。
できる限り借り入れ件数を減らしていきます。

 

それでは、借り入れ件数を減らすのはどのようにすればいいのでしょうか?

 

  1. 借り入れ余裕額を確認する
  2. 金利を確認する

 

適用されている金利が低いところに、まずはまとめていきましょう。
金利が低いキャッシングの借り入れ余裕額で、別の借り入れを完済します。

 

 

つまり、1社の借入残高が40万円、借入可能額が10万円となり、もう1社の借入残高が0円、借り入れ余裕額が50万円になります。

 

 

おまとめローンを利用する前に、現在の借り入れ先だけでまとめることができます。

 

これで借り入れ件数を減らすことができます。

 

完済したら解約を

しかし、この段階では「借入残高が0円になった借入先がある」というだけ。借り入れ余裕額がある以上、そこは借り入れ件数1としてカウントされます。

 

今、借入先を整理したことの目的は「おまとめローンに申し込みをする前に審査に通りやすいよう借り入れ件数を減らす」ことです。

 

借入額を移動しただけでは借り入れ件数を減らせてはいません。借り入れ件数を減らすためには「解約」しなくてはなりません。

 

完済した借入先は解約をしましょう。ここで初めて借り入れ件数を減らすことができます。

 

おまとめローンは大きな金額であり、審査も通常のカードローンよりも厳しくなるのは当然のことです。一度の申し込みで審査に通ることを目標として、できる限りの準備をして挑みましょう!