借りて返しての危険なループ

おまとめローン前でも返済額が負担になっているのであれば、「元金が減るものではない」おまとめになるため返済が厳しい状況に追い込まれるのは目に見えています。
返済をするためのお金を借りる。そうなればもう借りて返しての繰り返しとなり、おまとめローンどころではなくなります。

 

返済専用の消費者金融おまとめローン

消費者金融のおまとめローンは、段階的に債務を減らすという貸金業法に基づいて用意されています。「段階的に減らす」ことが目的となるため「借り入れを増やす」ことはできません。

 

消費者金融のおまとめローンは追加の借り入れができない返済専用ローンです。

 

新たに借り入れができないことは「債務を強制的に減らしていく」ことに関して非常に有効な手段です。
一方で、返済中に急な出費が出てきた場合に対応できないという欠点もあります。

 

借りることもできる銀行カードローン

おまとめの専用ローンではなく、銀行で借金を一本化するときには返済専用ではありません。

 

通常のカードローンを利用しておまとめとなるため、融資限度額の範囲内であれば返済だけではなく自由に借り入れもできます。

 

急な出費にも対応ができるため返済だけに集中するのが不安という方には使いやすいカードローンです。一方で、おまとめとして利用しながら債務が増える可能性もあるため使い方には気をつけなくてはなりません。

 

借入を返済でまかないはじめたら危険な証拠

現在の借金を減らしていき、返済しやすい環境をつくるためにおまとめローンがあります。しかし、元金が変わるわけではないために「返済額の比較」も非常に重要な項目になります。

 

返済額が負担になり、返済ができなくなれば借り入れによってその返済額をまかなうことになりかねません。毎月必ず返済をしなければならない、それを念頭に置いて負担になり過ぎない返済額が用意されているおまとめを探していきましょう。