バンクイックで複数の借入を一本する

日本の3大メガバンクの一角を占める三菱東京UFJ銀行。最近は個人ローンにも注力を注いでおり、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は同行の主力商品となっています。

 

銀行ならではの低金利で人気のある「バンクイック」は資金使途が自由ですので、おまとめローンとしても利用することができます。テレビCMなどでもさかんに取り上げられているバンクイックで複数の借入を一本化したいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの審査について

どれだけ魅力のあるカードローンでも、審査に合格できなければ利用できません。審査基準は公表されていませんので、審査に合格できるかどうかは実際に審査を受けてみなければわかりません。審査に合格したいと考えるならば、まずは「どのような方が審査に不合格となっているのか」を考えてみましょう。一般的にいわれている三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックに審査落ちされる方の傾向を考えてみましょう。

 

@安定した収入がない方

バンクイックを利用できる方の条件は、以下のように述べられています。

 

  • 20歳以上65歳未満
  • 国内に居住する個人
  • 原則、安定した収入がある

 

このうち問題なのが「安定した収入がある」という条件です。バンクイックの審査では「安定した収入」とは「月1回以上の収入」を指しています。つまり「数ヶ月に1回の収入」「収入の時期が不定期」という方は審査では合格できません。

 

ちなみに収入の種類は問わず、客観的に以下のような収入と認められるものであれば問題ないでしょう。

 

  • 給与収入(固定給、歩合給、時給のいずれでもOK)
  • 事業収入
  • 不動産収入
  • 内職収入
  • 投資収入
  • アフィリエイト報酬

 

ただし以下のような方は申込できませんので注意しましょう。

 

  • 収入が年金のみの方
  • 専業主婦(夫)、ただし配偶者に安定した収入があればOK
  • 生活保護受給者
  • 失業中の方

 

A金融事故のある方

ローンの審査では個人信用情報の確認を行います。個人信用情報に問題のある方、いわゆる「ブラック」の状態の方は審査にまず合格できません。ブラックの状態を金融事故といい、以下のようなものが該当します。

 

  • 長期延滞(概ね2〜3ヶ月以上の延滞)
  • 債務整理(自己破産、任意整理など法的に借金を整理すること)
  • 強制解約(契約違反や延滞などのにより金融機関から強制的に契約を解約されたこと)
  • 代位弁済(契約者が返済不能になり、保証会社や第三者が返済を肩代わりしたこと)

 

長期延滞は最長1年〜5年、債務整理は最長5年〜10年、強制解約と代位弁済は最長5年個人信用情報に記録が残ります。つまりこの期間は審査では合格できないことになります。ただしバンクイックでは「長期延滞」のケースで合格できるケースもあるようです。すでに延滞分を返済完了しており、返済能力や属性に問題がなければまれに合格できるケースもありますが、それでも難しい判断となることはやむを得ません。

 

Bアコムで問題を発生させている方

バンクイックの保証会社は消費者金融の「アコム」です。バンクイックの利用者が返済不能になった場合、三菱東京UFJ銀行に対しては利用者に代わってアコムが代位弁済を行います。そのためバンクイックを利用するにはアコムでも審査を受けて合格できなければいけません。

 

過去にアコムを利用しており、なんらかの問題を発生させた方などは審査では合格できないことになります。これにはアコムが保証を行っているバンクイック以外の銀行カードローンも含まれます。アコムは以下のような銀行カードローンの保証会社を担っていますので、これらのカードローンで問題を発生させた方も、バンクイックの審査では不合格となります。

 

  • じぶん銀行じぶんローン
  • セブン銀行 カードローン
  • 北海道銀行カードローン ラピッド
  • 常陽銀行カードローン キャッシュピット
  • 広島銀行カードローン マイライフプラス

 

C毎月の返済額が「年収の36分の1」を超える方

バンクイックの審査基準として毎月の返済額が「年収の36分の1」を超えないというものがあるようです。「毎月の返済額」には以下のようなものが含まれます。

 

  • 貸金業者(消費者金融、信販会社など)の無担保ローン(キャッシング、カードローン、クレジットカードのキャッシングなど)
  • 銀行(信用金庫、信用組合、労働金庫なども含む)の無担保ローン(カードローン、フリーローン、教育ローンなど)
  • 割賦払い(携帯電話、クレジットカードのリボ払い、高額商品の分割返済など)
  • アコムマスターカード(クレジットカード)のショッピング利用

 

例えば年収360万円の方の「年収の36分の1」の金額は10万円です。この方は、毎月の返済額が10万円を超える場合はバンクイックの審査に合格できないことになります。

 

D返済余力がない方

バンクイックの審査では返済余力を判断する指標として、以下の計算が行われているといわれています。

 

・返済余力=月収(手取収入ー毎月の返済額ー毎月の家賃(もしくは住宅ローンの返済額)−毎月の生活費

 

毎月の生活費は世帯数により基準値が設けられています。「1人世帯で生活費月〇万円」という基準が設けられており、決して利用者自身が申告するわけではありません。この計算式で返済余力が無いと判断されると、バンクイックの審査では合格できません。例えば以下の例で考えてみましょう!

 

・月収:50万円
・毎月の返済額:10万円
・毎月の家賃:10万円
・毎月の生活費:10万円

 

この方の返済余力は、50万円-10万円-10万円-10万円=20万円となりますので、バンクイックの審査では返済余力はカバーしていると判断されることになります。

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックの口コミ情報

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックをおまとめ目的で利用した方の口コミ情報を紹介します。低金利・高限度額にあわせて、メガバンクならではの安心感を感じる方も多いようです。実際に利用した方の生の声を参考にしてみましょう。

 

私でも合格できました。

 

・30代女性
・派遣社員
・年収300万円
・借入希望金額70万円

 

派遣社員で年収が低めと感じていたので、審査に合格できるか心配でした。テレビ窓口から申し込んだところ、即満額の合格でびっくりです。これまでより毎月の返済額も少なくなり、本当に助かりました。

メガバンクなので安心

 

・40代男性
・正社員
・年収500万円
・借入希望金額200万円

 

消費者金融で借りたカードローンをおまとめしたいと考えて、バンクイックを申し込みました。やはりメガバンクですので安心感がありますね。希望金額がやや高額でしたが、無事合格でき、これから三菱東京UFJ銀行とも取引を拡大していきたいと思っています。

審査が不安でしたが

 

・30代男性
・契約社員
・年収350万円
・借入希望金額120万円

 

希望する金額が年収の3分の1を超えていたので、消費者金融では無理だと思い、三菱東京UFJ銀行で申し込みました。契約社員ということで審査に合格できるか心配でしたが、なんと満額で合格できました。返済金額もかなり抑えることができましたので、できるだけ早めに完済していきたいと思います。

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックの商品内容

三菱東京UFJ銀行バンクイックの商品内容について確認しておきましょう。金利などは金融情勢などにより変動することもありますので最新の情報を確認するようにしましょう。

 

利用できる方

・年齢満20歳以上65歳未満の方
・国内に居住する個人の方
・原則安定した収入がある方
・保証会社であるアコム株式会社の保証を受けることができる方

 

学生の方、本人に収入がなく配偶者に収入がある方も申込可能になっています。年齢については運転免許証などの本人確認書類で厳格に確認されます。偽ってもすぐにばれますので正直に申告しましょう。

 

資金使途

・自由(ただし事業性資金としては利用できません)

 

借入したお金の使い道(資金使途)は自由です。複数の借入を一本化するおまとめローンとしても利用できます。

 

利用限度額

・10万円以上500万円以内(10万円単位)

 

銀行カードローンとしてはやや低めとなっています。

 

契約期間

・1年(原則として審査のうえ自動更新)

 

利用状況に問題がなければ上限年齢までは自動的に1年更新されます。ただし利用状況に問題があれば契約期間は更新されません。この場合新規の追加借入はできず、借入残高が0になるまで返済のみを行うだけになりますので注意しましょう。

 

借入利率

・実質年利1.8%〜14.6%

 

バンクイックの一番の魅力はこの低金利ではないでしょうか。適用される金利は審査により決定されますが、おまとめローンとして利用した場合、この低金利でメリットが発生するケースも多いでしょう。なお適用金利は契約金額により以下のように段階分けされています。

 

利用限度額 利率
400万円超 500万円以下 1.8 〜 6.1%
300万円超 400万円以下 6.1 〜 7.1%
200万円超 300万円以下 7.1 〜 9.6%
100万円超 200万円以下 9.6 〜 12.6%
10万円以上 100万円以下 12.6 〜 14.6%

 

返済期日

以下の2通りから選択します。

 

  1. 毎月指定日返済
  2. 35日ごとの返済

 

Aの場合は毎月返済日が代わりますので注意しましょう。口座からの自動支払いによる返済の場合は@毎月指定日返済となります。

 

返済金額

毎月返済日時点の借入金額に応じて最小返済額が以下のように設定されています。余裕がある月は最小返済額に合わせて繰上返済を行い、できるだけ早期に完済するようにしましょう。

 

借入残高 返済額
利率年15.0%未満 利率年15.0%以上
利率年8.1%以下 利率年8.1%超
10万円以下 1,000円 2,000円 3,000円
10万円超20万円以下 2,000円 4,000円 6,000円
20万円超30万円以下 3,000円 6,000円 9,000円
30万円超40万円以下 4,000円 8,000円 12,000円
40万円超 借入金額が10万円増すごとに
1,000円追加 2,000円追加 3,000円追加

 

担保・保証人

・不要

 

アコム株式会社の保証となりますので、利用に際し担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということです。審査などではあくまで申込者本人の返済能力が問われることになります。

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックのメリット

@低金利

バンクイックの最大の魅力が低金利です。適用金利は実質年利1.8%〜14.6%。銀行カードローンならではの低金利を大々的に宣伝しています。

 

消費者金融の一般的な最上限金利は18.0%です。この金利であれば、おまとめとして利用した際に返済金額を大幅に減らすことも可能でしょう。

 

A学生・専業主婦でも利用可能

バンクイックでは、以下の方も利用可能になっています。

 

・本人に収入がなく配偶者に安定収入がある専業主婦(ただし限度額は最大で30万円)
・アルバイトなどで安定した収入がある学生(ただし限度額は最大で10万円、親権者の同意が必要)

 

銀行カードローンですので総量規制対象外となる点も大きなポイントです。

 

B口座開設不要

 

一般的なカードローンは利用の際に口座開設が必要です。
しかしバンクイックでは三菱東京UFJ銀行の口座なしで利用することができます。
口座を保有していない方でも手続きを省略できる点はうれしいポイントです。

 

CATM利用手数料が無料

借入や返済にはATMを利用することもできますが、手数料は無料です。三菱東京UFJ銀行店舗のATMの他、セブン銀行やローソン、E-netなどの提携先ATMの手数料も発生しません。とくに消費者金融などでは100円〜200円程度の利用手数料が発生する先も多いので、これはうれしいポイントです。

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックのデメリット

@テレビ窓口でないと即日融資不可

バンクイックでは即日融資が可能です。審査完了時間は最短で40分程度で、早ければ1時間もあれば契約を完了することもできます。ただし以下の条件を満たす必要があります。

 

・テレビ窓口で手続き
・運転免許証を持参

 

つまり即日融資を利用するには、銀行支店内のATMコーナーにあるテレビ窓口で申込み、本人確認書類として運転免許証を提示し、契約手続きをして、カードを受け取る必要があります。カードさえ受け取ればすぐにATMから借入れできますが、他の申込方法では即日融資を受けることができません。

 

最近のカードローンでは自宅にいながら即日融資が可能な商品も多くあります。おまとめとして利用する際は、あまり時間が切迫する事態はないかもしれませんが、手続きにテレビ窓口を訪問しなければいけません。

 

テレビ窓口の営業時間は、平日9時〜20時、土曜・祝日10時〜18時、日曜10時〜17時ですが、曜日や支店によっては営業時間が異なることもありますので注意しましょう。

 

A口座を保有していないと不便

バンクイックのメリットとして「口座不要」と説明しましたが、実は口座がなければ不便な面も多くあります。

 

・振込融資
・口座振替
・インターネットバンキングによる振込み返済

 

以上は三菱東京UFJ銀行の口座を保有していなければ受けることのできないサービスです。つまり借入方法・返済方法が限られてしまい、この場合ATMで借入・返済を行う必要があります。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンをおまとめとして利用しよう

おまとめローンを利用したいと考える方にとって、はたしてバンクイックは適しているのでしょうか。ここでは「高額のおまとめであればメリットも大きい」と説明しておきましょう。

 

バンクイックの適用金利を再度確認してみると、200万円を超える借入限度額であれば10.0%を切る金利が約束されています。つまり「200万円以上のおまとめであれば1ケタ台の金利で契約できる」ということになり、おまとめとして利用した際のメリットも大きくなるでしょう。

 

借入限度額が高額になるほど審査基準は厳しくなります。一般的に銀行カードローンは審査基準が厳しいといわれています。しかしバンクイックの保証会社は、消費者金融最大手のアコムが担っています。実際の審査基準はアコムの水準で判断されているため、審査合格率も他の銀行カードローンに比較して高くなっています。この点を考慮して、自分の返済能力を正しく判断すれば、審査でも十分合格することができるでしょう。