おまとめローン借入のメリット│返済額を安くするには?

おまとめローンを利用すれば、さまざまなメリットが得られます。返済日がひとつになることで管理がしやすくなる、金利が低くなることによって返済額が減らせる、返済期間が短くなる、返済によるストレスが軽減できるなど、経済的にも精神的にも負担を減らすことが可能になります。しかし、借金をまとめただけで自動的にこれらのメリット、特に返済金額を減らすという目的が達成されるわけではありません。

 

返済金額をどう減らすかを考える

借金をまとめる際、考えなくてはいけないのがどのように返済金額を減らすかです。返済金額には、毎月の返済金額と総返済額の2つがあり、減らし方はそれぞれで違ってきます。そのため、同時に大きく減額することはできず、両方をバランスよく低下させるか、あるいはどちらか一方を大きく減額させもう一方を犠牲にするしかありません。そのために、返済額をどのように減らしたいのかはっきりさせなくてはならないのです。

 

毎月の返済金額を減らしたいなら

毎月の返済金額を安くしたいのであれば、借りたお金から算出した最低返済金額、あるいはおまとめローンで定められている最低返済金額を設定すると良いでしょう。これで月々の返済金額を抑えることができ、負担も軽くなります。

 

しかし、気をつけなければならないのが、返済スピードの遅さです。最低返済金額で支払っていくと、中々元金が減らないという事態に陥りやすくなります。その結果、返済期間が長引くことで利息が増え、返済総額そのものが以前より増えてしまいます。

 

総返済金額を減らしたいなら

総返済金額を減らすには、毎月の返済金額を高めに設定し、返済期間を短くすることです。返済金額が増える要因は利息なので、その利息が増えないよう返済期間を短縮することがポイントとなります。しかし、毎月の返済金額を極端に高くすると、今度は生活に支障が出る可能性が高くなります。

 

返済金額を安くするためのポイント

毎月の返済総額を減らすにしろ、総返済金額を減らすにしろ、極端な金額設定はかえって負担を増やすだけです。どちらの場合でも、バランスの取れた金額設定を行なうことが返済金額を安くする大きなポイントとなります。どうすれば良いのでしょうか?

 

まず、収入と支出を見直し、無駄な支出をできるだけなくします。これで手持ちのお金に余裕ができます。一部を返済に、それ以外は万が一のときのために預金しておきましょう。

 

次に手元に残るお金と借金から、負担にならない毎月の返済金額を計算します。難しい計算が苦手なら、まとめる前に支払っていた合計返済金額を設定しても良いでしょう。金利が低くなっているはずなので、今までどおりの返済金額に設定しても十分効果があります。

 

そして、余裕があるときやボーナスが出たときに繰り上げ返済などを行ないましょう。

 

自分の収入とのバランスが取れた返済金額設定と余裕があるときの繰り上げ返済を駆使することで返済期間の短縮を図ることができるでしょう。両方の返済金額をうまく抑えながら、完済を目指しましょう。