無職でもおまとめローンは利用できる?

複数の借金があるのに収入がない、そんな状態であれば今、おまとめローンを利用できるかどうか悩んでいることでしょう。果たして無職でもおまとめローンは利用ができるのでしょうか?

 

理由としては二つ考えられます。

  • 専業主婦
  • 仕事を辞めて無職になった

 

消費者金融で専業主婦も借り入れができる

総量規制があるため専業主婦は消費者金融での借り入れはできない、というイメージがあります。ところが実際には「配偶者と合算した年収の3分の1」というのが総量規制の例外としてあります。

 

大手消費者金融を含む大半の消費者金融では「本人に安定した収入があること」が申し込みの条件になっていますが、実際には配偶者の収入と合算して審査の対象とする消費者金融もあります。当然、総量規制の例外となっているため違法ではありません。

 

アコム借換え専用ローンの審査と金利決定方法、口コミ情報も

プロミスおまとめローンの審査口コミ、不合格となりやすい傾向

モビットでおまとめローンを利用する場合の審査と口コミ

アイフルおまとめローンの審査口コミ情報

 

専業主婦はおまとめができるか

消費者金融でおまとめ・・・×
銀行カードローンでおまとめ・・・△

 

消費者金融でおまとめをするときには「大手」が鉄則です。そもそもおまとめローンがある消費者金融自体多いものではなく、なおかつ大手にしかない返済しやすさがあります。

 

コンビニATMも利用できる、口座引き落としやインターネットバンキングも利用ができるなど「返済しやすい仕組み」があることでおまとめローンは利息の負担を考えながら臨機応変に計画が立てられます。

 

しかし、大手消費者金融では通常のキャッシングはもちろんのこと、おまとめローンもまた専業主婦の利用はできません。申込者本人に安定した収入があることが絶対条件です。

 

一方、銀行では専用のおまとめローンを利用するのではなく、カードローンを利用しておまとめをします。銀行カードローンの中にはいくつか専業主婦でも申し込みができる「配偶者に安定した収入があること」を条件としていることもあります。

 

専業主婦でも申し込みができる銀行カードローンは大手であれば

などがあります。

 

ところが専業主婦の場合、申し込みはできても融資限度額は高く設定されることはありません。例えばバンクイックでは専業主婦の融資限度額は30万円までと決められています。

 

専業主婦では、消費者金融を使ったおまとめローンはできません。一部銀行のカードローンを使ったおまとめはできますが、融資限度額が高くなることはありません。

 

無職はおまとめができるか

配偶者がいて世帯収入があるのではなく、独身であり無職である。この場合おまとめローンを利用することはできません。

 

消費者金融のキャッシングでも、おまとめローンでも、銀行カードローンでも、本人に安定した収入があるか、もしくは「あっても」配偶者に安定した収入があることが条件です。

 

なぜ、無職ではおまとめができないのでしょうか。それはもちろん「返済の可能性がない」のが理由です。

 

貸付をした以上返済がなければなりません。それが最も重要な審査の項目です。もし、借り入れ中に失業した場合。今後の収入のめどがつかないときにはおまとめではなく債務整理の検討が必要になるでしょう。