おまとめとしても利用可能な楽天銀行スーパーローン

インターネットショッピングやプロ野球のパリーグチームで知られている楽天グループ。その一角の楽天銀行は、いわゆる「ネット銀行」ですべての手続きをインターネットを通じて行うことができます。

 

その楽天銀行が商品化していうカードローンが「楽天銀行スーパーローン」です。銀行カードローンとしては比較的新しい商品になりますが、最近では人気を集めており、契約金額は3,000億円に到達しようとしています。

 

楽天銀行スーパーローンの売りが「おまとめとしても利用可能」な点です。複数のカードローンを一本化したいと考えている方にとって、楽天スーパーローンがどれだけ優れているのか紹介しましょう。

 

楽天銀行カードローンの審査について

ネット銀行カードローンの審査は、メガバンクに比較して敷居が低いといわれています。とはいっても、もちろん誰もが審査に合格できるわけではありません。楽天銀行スーパーローンの審査ではどのようなことが重要視されるのでしょうか?
主に重要視されるのは以下の2点です。

 

@申込者の属性内容

カードローンを申し込んだ際には、以下の項目について申告することになります。

 

  • 申込者の基本情報(氏名・生年月日・連絡先など)
  • 居住情報(住所・電話番号・居住形態・居住年数など)
  • 勤務先情報(勤務先種類(株式会社、有限会社、合資会社、自営など)・勤務先名・電話番号・雇用形態(正社員、契約、派遣、アルバイトなど)・保険の種類など)
  • 収入状況(年収など)
  • 借入情報(借入先・借入金額など)

 

これらの情報がすべて審査に影響を与えることになります。楽天銀行スーパーローンの審査は、これらの情報に基づいた「属性スコアリング」方式が導入されています。「属性スコアリング」とは、申込の際に申告された各情報を点数化し、申込者の返済能力を判断するという審査方式です。現在のカードローン審査では、まず間違いなく「属性スコアリング」が導入されています。

 

スコアの基準は各社異なっていますが、一般的な内容は以下のようなものが考えられます。

 

  • 勤務先状況は公務員が高点数、雇用形態は正社員が有利で、派遣社員・パート・アルバイトの順で点数が低くなる
  • 勤続年数1年以下は低点数
  • 年収は高くなるほど高点数、300万円以上で高点数
  • 実家や家族持家名義であっても、賃貸に比較して持家が高点数
  • 固定電話と携帯電話を両方所有していると高点数

 

A申込者の信用情報

属性スコアリングとともに、カードローン審査で重要視されるのが「個人信用情報」の情報です。申込を受付した金融機関は、必ず個人信用情報の確認を行います。個人信用情報になんらかの問題が発生していた場合、まず審査には合格できません。楽天銀行スーパーローンの審査でも、個人信用情報により以下の点が確認されることになります。

 

他社の借入金額・件数

楽天銀行スーパーローンは総量規制の対象外で、法律上は年収の3分の1を超える申込も可能です。しかもおまとめ目的のローンは、そもそも総量規制の例外として取り扱うことができます。とはいっても、やはりすでに他社で年収の3分の1を超える借入を利用していた場合は、審査でも厳しい判断となることが多いです。それだけ返済余力が少ないと判断されるためです。

 

過去のローン返済状況

概ね2〜3ヶ月以上の延滞実績は「長期延滞」として個人信用情報に記録されます。たとえすでに延滞分を返済していたとしても、一度記録された長期延滞情報は最長5年程度消えることはありません。また過去に楽天銀行で他のローンを延滞した履歴がある方は、短期間の延滞でも社内情報で消えることはありません。このような方はまず審査に合格できません。

 

債務整理の情報

自己破産や個人再生など法律に基づいた借金整理の情報は、最長10年程度個人信用情報に記録されます。この期間はまず審査に合格できません。

 

直近の申込情報

楽天銀行に申し込む数か月間の間に、他社にたくさん申込を行っていないかどうかも個人信用情報で確認されます。楽天銀行の場合、基準となるのは「ひと月に3件以上の申込」といわれており、極端に申込数が多い場合は、審査でも厳しく判断されます。

 

楽天銀行スーパーローンの保証会社

楽天銀行スーパーローンでは保証会社が2社用意されています。楽天カード株式会社と株式会社セディナです。いずれも信販会社でクレジットカード業務なども取り扱っています。

 

2社保証会社があるということは、どちらかの審査に合格できれば楽天銀行スーパーローンを利用できるということです。つまり「チャンスが2度」あるということになり、保証会社が1社のカードローンに比較すると単純に合格しやすいといえるでしょう。

 

しかも信販会社は銀行よりも審査基準が緩やかになっています。その中でも楽天カード株式会社は、比較的クレジットカードが作りやすいと評判の信販会社です。審査のすべてに対していえるわけではありませんが、審査基準は同じ会社であればそれほど変わるものではありません。その意味でも楽天銀行スーパーローンは、比較的審査に合格しやすいカードローンであるといえるでしょう。

 

楽天銀行スーパーローンの口コミ情報

楽天銀行スーパーローンをおまとめとして利用された方の口コミ情報を紹介します。実際に利用された方の生の声は、非常に有効な情報となりますのでぜひ参考にしましょう。

 

楽天ユーザーなので申し込みました

 

・40代男性
・正社員
・年収500万円
・借入希望金額100万円

 

年間に数回楽天市場を使用している楽天ユーザーです。過去に消費者金融のカードローンを利用したことがあり、今回楽天銀行スーパーローンでおまとめしたいと考えて申込しました。金利を低く抑えることができたのがうれしかったです。しかも利用金額に応じて楽天スーパーポイントが付与されたので、ショッピングに使用でき本当にお得に感じました。

専業主婦でも合格できました

 

・30代女性
・専業主婦
・年収0円(配偶者年収400万円)
・借入希望金額30万円

 

独身時代に利用していた消費者金融2社合計30万円のカードローンをおまとめしたいと考えていました。主人と相談したところ楽天銀行のスーパーローンが評判が高いということで申し込みました。専業主婦で審査も不安でしたが、なんと希望金額満額で合格できました。一応主人の年収証明書なども準備していたのですが、提出不要ということで、非常に助かりました。

金利が低いので助かりました

 

・40代男性
・派遣社員
・年収400万円
・借入希望金額80万円

 

以前からカードローンを銀行でおまとめしたいと考えていたのですが、派遣社員のわたしでは審査が不安で躊躇していました。楽天市場を利用した際にインターネット広告で紹介されていた楽天銀行スーパーローンに魅力を感じ、ダメもとで申し込んだところ無事満額で合格できました。しかも金利をかなり抑えることができ、毎月返済金額も数千円低くなりましたので本当に助かっています。

 

楽天銀行スーパーローンの商品内容

楽天銀行スーパーローンの商品内容を確認しておきましょう。

 

申込可能な方

・満年齢20歳以上62歳以下(専業主婦、パート、アルバイトの方は60歳以下)
・お勤めの方で毎月安定収入のある方、または専業主婦の方
・日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方)
・楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方

 

上限年齢が他の銀行カードローンに比較してやや低くなっています。ただし専業主婦でも利用可能と明記している点はかなり評価が高いといえるでしょう。

 

資金使途

・自由(事業性資金には利用不可)

 

借入したお金の使い道(資金使途)は自由ですので、おまとめローンとしても利用することができます。

 

借入限度額

・10万円〜800万円(ただし専業主婦の方がは上限50万円)

 

最高800万円まで借入可能で、総量規制対象外ですので、高額のおまとめローンとして最適です。ただし専業主婦の方は最高で50万円までしか利用できません。それでも収入の無い専業主婦に対しては他の銀行カードローンに比較しても好条件といえるでしょう。

 

借入利率

・実質年利1.9%〜14.5%

 

条件次第で非常に低金利で利用することができる点もおまとめローンとして最適なスペックです。なお利用限度額に応じて適用される金利は以下のように設定されています。基本的には高限度額になるに従い、適用金利も低くなります。

 

利用限度額 適用利率
800万円 1.9〜4.5%
600万円以上800万未満 3.0〜7.8%
500万円以上600万未満 4.5〜7.8%
350万円以上500万円未満 4.9〜8.9%
300万円以上350万円未満 4.9〜12.5%
200万円以上300万円未満 6.9〜14.5%
100万円以上200万円未満 9.6〜14.5%
100万円未満 14.50%

 

遅延損害金

・実質年利19.9%

 

遅延損害金(延滞利息)は日割りで発生します。わずかな遅れでも大きな負担となりますので注意しましょう。

 

返済日

・1日、12日、20日、27日の中から選択(27日は楽天銀行を引き落とし口座に指定した場合のみ選択可能)

 

自分の都合(特に給料日)に注意して返済日を選択しましょう。

 

返済方式

・残高スライドリボルビング方式

 

借入残高により毎月の返済額が以下のようにスライドしていきます。毎月の返済額を最低限に抑えることができますが、返済期間が長期化し利息支払負担が増えることもありますので注意しましょう。

 

借入残高 毎月の返済額
10万円以内 3,000円
10万円超30万円以内 5,000円
30万円超50万円以内 10,000円
50万円超100万円以内 15,000円
100万円超150万円以内 20,000円
150万円超200万円以内 30,000円
200万円超250万円以内 35,000円
250万円超350万円以内 40,000円
350万円超400万円以内 45,000円
400万円超500万円以内 50,000円

 

担保・保証人

・不要

 

保証会社である楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証となりますので、借入に際して担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということです。審査などではあくまで申込者本人の返済能力が問われることになります。

 

楽天銀行スーパーローンのメリット

@低金利

楽天銀行スーパーローンの最大のメリットは、実質年利1.9%〜14.5%の低金利です。一般的な消費者金融の上限金利18.0%と比較すると、かなりの低金利といえるでしょう。さらに借入限度額が大きくなるほど、適用される金利も低くなります。そのため高額のおまとめローンとしてもおすすめの商品です。

 

A専業主婦でも利用可能

利用限度額が最大50万円と制限がありますが、本人に収入のない専業主婦でも利用可能と明記しています。しかも配偶者の収入証明書や同意書といった特別な書類は必要ありません。

 

総量規制対象外の銀行カードローンでも、専業主婦を利用可能としている先はあまりありません。主婦にとってはうれしい味方といえるでしょう。

 

B借入希望額300万円以下で収入証明書不要

銀行カードローンで収入証明書不要としている希望金額は100万円が水準となっています。一方楽天銀行スーパーローンでは300万円以下の申込で収入証明書不要としています。基本的に本人確認書類のみで申込できますので、書類を整える手間を省くことができます。

 

C24時間365日、即借入可能

楽天銀行の口座を通じて、24時間365日いつでも振込みで借入が可能です。ホームページや電話で借入を申し込むことができ、当然手数料無料で利用できます。急な出費などが発生した際には、非常に助かります。

 

D楽天ポイントが付与

入会時に楽天スーパーポイントが1,000ポイント付与されます。楽天銀行に座開設を同時に申し込んだ場合は、1,500ポイントが付与されますので、口座を保有していない方はぜひ同時に開設するようにしましょう。さらに入会の翌月までに借入すれば、以下のポイントが付与されます。

 

ご入会月の翌月末時点のご利用残高 進呈内容
20万円以上30万円未満 500 ポイント
30万円以上50万円未満 1,000 ポイント
50万円以上80万円未満 2,000 ポイント
80万円以上100万円未満 3,000 ポイント
100万円以上200万円未満 10,000 ポイント
200万円以上300万円未満 12,000 ポイント
300万円以上400万円未満 15,000 ポイント
400万円以上800万円以下 30,000 ポイント

 

例えばカードローン契約と同時に楽天銀行の口座開設を行い、入会月の翌月末時点の借入残高が100万円の場合。

 

・1,500ポイント+1万ポイント=1万1,500ポイントが合計で付与されることになります。

 

楽天スーパーポイントは、楽天市場のインターネッとショッピングなどの楽天サービスで1ポイント=1円で使用できます。実質上のキャッシュバックにあたるサービスとなっています。

 

楽天銀行スーパーローンのデメリット

@審査スピードが遅い

最近では銀行カードローンでも即日融資に対応した商品が登場しています。しかし楽天銀行スーパーローンでは申込から契約までに数日間を要するのが一般的です。審査スピードの面ではやや劣ると言わざるを得ません。

 

A申込方法がインターネットのみ

申込はインターネットのホームページ上から申し込みます。その他の方法、店頭や自動契約機、電話などは準備されていません。普段インターネットを使用しない方にとっては、やや難しさを感じるかもしれません。

 

B63歳以上は申込不可

楽天銀行スーパーローンの年齢制限は「満20歳以上62歳以下」となっています。他社に比較すると上限年齢がやや低くなっています。一般的なカードローンの上限年齢は「65歳」、最近は「70歳」という商品も登場しているなかで、年齢の幅が狭いのは残念です。

 

楽天銀行スーパーローンはおまとめに最適!?

楽天銀行スーパーローンは、多くのインターネット情報サイトなどでも「おまとめとして最適」と紹介されています。その理由としては以下のようなものを挙げることができます。

 

  • ホームページ上でも「おまとめ・借り換えOK」と大々的に宣伝されている
  • 総量規制対象外
  • 実質年利1.9%〜14.5%の低金利
  • 借入限度額が最高800万円
  • 借入希望金額300万円以下で収入証明書不要

 

楽天銀行スーパーローンでは特におまとめ目的といって、審査基準が厳しくなるわけではありません。これらの特徴はおまとめローンとしても有効であるといえますので、自分の返済能力を正しく判断したうえで、一度利用を検討されてみてはどうでしょうか。