おまとめローンの審査基準と他社借入との関わりは?│いくらまで借りれる?

おまとめローンを利用するときというのは、既に多重債務になっている状態で申し込みをするため、審査は非常に厳しいものとなります。審査だけでなく、申し込み条件も厳しく設けている金融会社もあるほどです。そんな、審査の厳しいおまとめローンの審査では、どのようなことがチェックされるのでしょうか?

 

審査でチェックされるポイントは?

おまとめローンの審査で重視される項目は、返済能力の有無、個人信用情報にブラック情報がないか、勤務年数や居住年数が1年以上である、他社借入件数などです。特に他社借入件数は、借入先が多いと審査に不利になっていきます。

 

複数の借り入れを1つにまとめるのに件数が多いと不利になるというのも不思議に感じられるかもしれませんが、借入件数が多いということは最初に利用していた会社からの信用や利用実績が足りずに増枠してもらえず、他社から借りるしかなったのだ、と評価されてしまうのです。

 

つまり、借入件数の多さは信用の低さに繋がり、そのために不利になってしまうのです。

 

審査に通れる借入件数は何件?

ほぼ問題なく審査に通れる借入件数は3件ほどです。それ以上になるとかなり難しくなり、5件を超えると否決される可能性が格段にあがります。もし、4件以上の借入があるなら、先にいくつか完済して借入件数を減らしましょう。

 

このとき、短期間で完済できそうなものを選び、重点的に返済して行くと良いでしょう。その際に、まとめる予定の借り入れは、ブラック状態にならないように気をつけながら最低返済金額を支払っていき、余裕ができたお金を完済したいものに充てるなど、スピーディに返済できるよう工夫すると良いでしょう。

 

借りられる総額はいくらまで?

おまとめローンで借りられる金額は、利用者それぞれの年収により違いがありますが、総量規制の対象ではないため、年収の3分1までという制限はありません。つまり、総量規制を超えていても融資は受けられるということです。

 

しかし、それは簡単に高額融資してもらえるということではありません。おまとめローンでも総量規制はひとつの目安となっており、これを超える金額だと審査に通りにくくなる可能性があります。

 

大きく影響するのは借入件数

借入金額と借入件数では、借入件数のほうがより審査に影響します。

 

例えば、3社で50万円借りているよりも、1社で100万円借りているほうが、審査には有利になります。借入金額も、年収の半分を超えると審査には通らなくなってきますが、消費者金融の借り入れをまとめるのであれば、総量規制を超えることはまずないでしょう。