モビットにはおまとめ専用ローンは準備されてない

消費者金融は、手軽に借入できる反面、借りすぎてしまうという欠点があります。油断していると、いくつもの先から借入を利用してしまい、毎月の返済が大変になってしまうケースも多く見受けられます。毎月の返済日や返済金額もまちまちで、返済管理も大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

そのようなときに利用を検討してみたいのがおまとめローンです。実はおまとめローンには2種類あるのをご存じでしょうか。通常のカードローンをおまとめ目的として利用する方法と、おまとめ専用ローンを利用する方法です。

 

消費者金融大手のモビットには、おまとめ専用ローンは準備されていません。つまりモビットでおまとめしたいと考える方は、通常のモビットの商品をおまとめとして利用することになります。

 

モビット
⇒モビットを今すぐ申し込む

 

モビットでおまとめローンを利用する場合の審査について

おまとめローンの利用では、必ず審査に合格する必要があります。一般的に「銀行ローンは審査基準が厳しい」「消費者金融は審査基準が緩やか」といわれています。確かにその通りなのですが、すべての方にこの法則が成り立つわけではありません。収入や過去の利用状況など、自分の状況を正確に理解して、自分にあった先で審査を受けることが大切です。

 

モビットにはおまとめ専用ローンがありません。モビットでおまとめを利用したい方は、モビットの通常商品でおまとめとして利用することになります。ここではモビットの審査に不合格となる方の特徴から、モビットの審査基準について考えてみましょう。

 

@年齢基準を満たしていない方

モビットが利用できる方の年齢は満20歳以上69歳以下の方です。20歳未満および70歳以上の方は申し込んでも不合格となります。年齢は本人確認書類(運転免許証など)により確認されますので、虚偽申告をしても無駄ですので注意しましょう。

 

A安定した収入が認められない方

審査で最も重要視されるのが「安定した収入」です。これは単に「収入金額が多い」という意味ではありません。返済に対して、ある程度の収入が「毎月安定して」いることが重要です。例えば本年年収は600万円だが前年年収は0円の方と、毎年コンスタントに年収300万円を確保している方では、後者が審査では有利とされています。

 

消費者金融からの借入は、いわゆる「総量規制」の対象です。年収の3分の1以上の借入はできません。おまとめローンは、「顧客に一方的に有利となる貸付」として総量規制の対象外となるのですが、モビットにはおまとめ専用のローンがありません。「おまとめ目的で利用します」と主張しても、年収の3分の1を超える金額ではまず審査は合格できませんので注意しましょう。

 

B勤続年数が短い

安定した収入という観点から、審査では勤続年数も大きなウエイトを占めています。5年以上あればまず問題がありませんが、一般的には最低1年以上は必要であるとされています。逆に1年未満であれば、たとえ正社員であっても審査では不利となります。

 

Cブラックになっている

金融機関の審査では、必ず個人信用情報の確認が行われます。個人信用情報とは、これまでの個人ローンやクレジットカードなどの利用状況、契約情報、返済情報などが記録された情報のことです。この個人信用情報に問題がある場合は、まず審査に合格することはできません。

 

・過去に長期の延滞(2〜3ヶ月以上)を発生させた
・過去に債務整理(自己破産、個人再生など)を利用した

 

このような情報が個人信用情報で確認される、いわゆる「ブラックの状態」では審査も不合格となります。これらの情報は一度個人信用情報に記録されると、一定期間は消えることなく保存されます。長期延滞で5年程度、債務整理の情報は10年程度保存されることもあります。つまりこの期間は審査でもNGとなりますので注意しましょう。

 

ブラックには、もうひとつ「申込ブラック」というものもあります。個人信用情報では、直近の金融機関への申込実績状況も記録されます。短期間にいくつもの申込を行っている状況を「申込ブラック」といい、これも審査では致命傷となります。おまとめ目的の場合は、あまり緊急性は求められないでしょうから、申込は慎重に行うようにしましょう。

 

モビットでおまとめローンを利用した方の口コミ情報

多くのサイトでは「モビットはおまとめに不向き」と紹介されています。それはやはり総量規制の対象となることが大きな理由でしょう。おまとめ専用のローンが準備されていないモビットでは、たとえ「おまとめ目的で利用します」と主張しても、大部分は総量規制の制限を受けてしまいます。

 

一方パートやアルバイトの方でも利用できることから、少額のおまとめに成功したという口コミも見受けられます。これらの口コミ情報を多く比較して、自分の状況と比較して利用を検討してみましょう。

 

パートの私でも利用できました

 

・30代女性
・パート
・年収100万円
・借入希望金額30万円

 

3社合計30万円のカードローンを利用していましたが、毎月の返済がばらばらなのでおまとめを検討しました。パートでも利用できると聞いてモビットで申し込んだところ、2時間程度で希望金額での審査を合格できました。返済日や返済金額がひとつに統一されたので、精神的にも楽になりました。

審査のスピードにはびっくり!!

 

・40代男性
・正社員
・年収450万円
・借入希望金額100万円

 

2社でそれぞれ50万円、合計100万円のカードローンをおまとめすることができました。インターネットを活用した申込で、1時間で回答を受けることができました。しかも金利がこれまでのカードローンよりも2%程度抑えることができたので、利息支払総額もかなり少なくすることに成功しました。浮いたお金を繰上返済に回すなどして、できるだけ早めに完済したいと考えています。

審査が不安でしたが

 

・20代男性
・派遣社員
・年収200万円
・借入希望金額50万円

 

学生時代からのカードローン、2社合計50万円をおまとめしたいと考えていました。友人からの紹介でモビットを申し込んでみましたが、その日に合格の結果を受けることができました。派遣社員で年齢も若いので、銀行のおまとめローンは審査に合格できるか不安でしたので、モビットで申し込んでよかったできす。これからしっかりと返済していきたいです。

 

モビットの商品内容

ここでモビットの商品内容を確認しておきましょう。

 

利用可能な方

・満年齢20歳以上69歳以下の方
・安定した収入のある方
・モビットの審査基準を満たす方

 

審査基準は一般的には公表されていませんが、返済に対して懸念がある場合は審査でも不合格となります。逆に返済に問題なしと判断されると、パートやアルバイト、自営業の方でも利用することができます。

 

借入限度額

・最高800万円

 

消費者金融の中でも最高限度額が高めとなっています。ただしモビットは総量規制の対象となりますので、仮に最高限度額800万円を利用したい場合、年収はその3倍の2,400万円必要となります。たとえ「おまとめ目的で利用します」と申告しても、同程度の基準で判断されますので注意しましょう。

 

借入利率

・実質年利3.00%〜18.00%

 

最下限金利は銀行カードローンに匹敵する低さとなっています。最上限金利は一般的な消費者金融の金利水準です。とくに初回利用者に対しては、ほとんどのケースで最上限金利に近い金利設定となりますので注意しましょう。

 

延滞利率(遅延損害金)

・実質年利20.0%

 

法律で定めることのできる最上限金利です。日割りで発生しますので、わずかな遅れでも大きな負担となります。念密な返済計画を立てて、遅れることのないようにしましょう。

 

担保・保証

・不要

 

借入に際して担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。逆にいえば担保や保証人に頼った申込はできないということです。あくまで利用者本人の返済能力が重要となります。

 

返済方式

・借入後残高スライド元利定額返済方式

 

最終借入後の借入残高に応じて、返済金額が以下のようにスライドされます。(実質年利18.0%の場合)

 

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過、 20万円以下 8,000円
20万円超過、 30万円以下 11,000円
30万円超過、 40万円以下 11,000円
40万円超過、 50万円以下 13,000円
50万円超過、 60万円以下 16,000円
60万円超過、 70万円以下 18,000円
70万円超過、 80万円以下 21,000円
80万円超過、 90万円以下 24,000円
90万円超過、100万円以下 26,000円

 

100万円超過の場合、最終借入後残高が20万円増すごとに、返済額が4,000円追加となります。

 

返済日

・毎月5日、15日、25日、末日より選択

 

モビットでおまとめする場合のメリット

@「WEB完結申込」を利用できる

モビットには、来店不要・電話連絡なし・郵便物なしの「WEB完結申込」が準備されています。すべての手続きをインターネットのホームページを通じて行うことができます。「WEB完結申込」であれば来店不要で、基本的に電話でのやり取りもなく、郵便物の発送もありません。

 

ただしおまとめ目的での利用を申告するには電話でのやり取りが便利かもしれません。また「WEB完結申込」では借入カードが発行されずATMを利用できませんので注意しましょう。

 

「WEB完結申込」を利用するには以下の条件を満たしておく必要もあります。

 

・三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
・社会保険証もしくは組合保険証を持っている

 

A審査スピードが早い

モビットには「10秒簡易審査」のシステムが準備されています。ホームページやローン申込機から、氏名、生年月日、自宅、勤務先情報、借入希望額などを入力すると、瞬時に借入可能かどうかの判断が行われます。これはいわゆる「借入可能診断サービス」ではなく、本審査の手前の事前審査の意味合いがあります。結果に了承すると、そのまま本審査に進むことができます。

 

本審査の結果は最短で30分程度で回答されます。ただしおまとめ目的での利用を申告している場合は、やや時間がかかるケースもあるようです。特に夕方の時間帯は申込数が増えるので、急ぎの場合はできれば午前中に手続きを完了させておきましょう。ホームページで申込を行い、コールセンターに「急いでいます」と伝えることで、優先的に審査を行ってもらえることもあります。

 

B即日融資も可能

審査スピードが早いということで、即日融資を受けることも十分可能です。振込キャッシングの利用は、平日の14時50分までの手続きを完了させれば、その日に融資金が振込されます。ローン申込機で申し込んだ場合は、審査完了後その場でカードが発行されますので、ATMを利用して借入を利用することもできます。

 

おまとめ目的の場合は、それほどスピードは重要視されないかもしれません。しかし手続きがその日に完了できることで、余計な手間や時間を取られることがないのはうれしいポイントです。ただし借入後の他社への返済は自分で行う必要がありますので、覚えておきましょう。

 

モビットでおまとめする場合のデメリット

@金利が高い

モビットの適用金利は「実質年利3.0%〜18.0%」です。一見「3.0%」でおまとめできるのであれば、非常に低い金利だと感じるかもしれません。しかし実際では、初めての申込で3.0%の金利が適用されることはまずありません。初めての利用の契約では、ほとんどの場合最上限金利である18.0%に近い金利設定となります。

 

おまとめローンでは、できるだけ低い金利で契約することが鉄則です。その意味では金利面ではモビットの利用は、かなり不利といえるでしょう。

 

A総量規制の対象となる

通常、おまとめローンは総量規制の対象外です。法律で定められている総量規制の例外規定のうち「顧客に一方的に有利となる貸付」に該当するためです。事実おまとめローンを商品化している消費者金融では、「総量規制に基づくおまとめローン」といった名称を使用して、総量規制の対象外であることを明確にしています。

 

しかしモビットの借入はすべて総量規制の対象となります。たとえ「おまとめ目的で利用します」と申告しても、借入総額は年収の3分の1を超えることができません。モビットの借入限度額は最高800万円と、消費者金融の中でも高額の部類に入るため、この点は残念なデメリットといえるでしょう。

 

B返済時に手数料が必要

モビットの返済方法は、以下の3つの方法を選択できます。

 

・提携ATM
・銀行振込
・口座引き落とし

 

このうち提携ATM、銀行振込の場合は手数料が発生します。提携ATMの場合は、利用金額1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料を負担しなければいけません。銀行振込の場合は、その金融機関により決められた手数料を支払う必要があります。口座引き落としでは手数料は不要ですが、三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座しか指定できません。

 

ただでさえ、利息負担を考慮しなければいけないおまとめローンで、返済まで手数料を支払うのはナンセンスではないでしょうか。たとえ1回の金額はわずかでも、繰り返して支払っていくと、その負担もバカになりません。モビットを利用する場合は、できるだけ三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の口座をあからじめ準備しておくことをおすすめします。

 

モビットは本当におまとめに不向きなのか?

インターネットサイトなどでは「モビットはおまとめローンとしては不向き」と紹介されている記事をよく見かけます。その理由はやはり「総量規制の対象となる」ことにあるのでしょう。何度も言いますが、モビットにはおまとめ専用ローンが商品化されていません。たとえ「おまとめ目的で利用します」と申告しても、やはり年収の3分の1という基準のもとで審査が行われます。

 

では他の消費者金融のおまとめローンと比較するとどうなのでしょうか?以下で主な消費者金融のおまとめローンとモビットの借入金利と借入限度額を比較してみました。

 

消費者金融名(商品名) 実質年利 借入限度額
モビット 3.00%〜18.00% 800万円
アコム(借換え専用ローン) 7.7%〜18.0% 300万円
アイフル(おまとめMAX) 12.0%〜15.0% 500万円
プロミス(おまとめローン) 6.3%〜17.8% 300万円

 

金利面はモビットの最下限金利が低いことがわかります。またモビットの借入限度額が高いこともわかるでしょう。もっとも初回の利用では「適用金利3.0%、最高限度額800万円」で契約できるケースはまずありません。

 

ただしモビットはおまとめ専用ローンではありませんので、追加借入が可能となっています。おまとめ目的で利用しても、毎月の返済により残高が減ってくれば空き枠で追加借入を行うことも可能なのです。追加借入を繰り返し、利用実績を積んでいけば借入限度額が引き上げられ、適用金利も引き下げられることも十分考えられます。

 

必要以上に借入することはおすすめしませんが、このあたりを考慮にしてモビットの利用を検討することもひとつの方法といえるでしょう。

 

モビット
⇒モビットを今すぐ申し込む