おまとめローンの審査基準は公表されてない

手軽にお金を借りる方法としてカードローンやキャッシングを利用される方も多いのではないでしょうか。しかし手軽に借入できる反面、カードローンやキャッシングには「借りすぎてしまう」という失敗を招くこともあります。油断していると、いくつもの借入を抱えてしまい、毎月の返済が大変という方もおられるでしょう。

 

そのような方はおまとめローンの利用を検討してみましょう。おまとめローンとはその名の通り、複数の借入をひとつにまとめるローンのことです。消費者金融最大手のプロミスにも、おまとめ専用のローンが準備されています。CMなどで知名度の高いプロミスであれば、安心しておまとめローンを利用することができるでしょう。

 

プロミス
⇒プロミスを今すぐ申し込む

 

プロミスおまとめローンの審査について

おまとめローンを利用したいと考えても、誰もが利用できるわけではありません。各社の審査基準に合格できないと利用できず、一般的に審査基準は公表されていません。審査に合格できるかどうかは、実際に審査を受けてみなければわかりません。

 

では、できるだけ審査に不合格とならないような申込を行うには、どのような点に注意すればいいのでしょうか?ひとつの基準が「不合格となりやすい傾向を知る」ことです。インターネットなどの情報サイトでは、金融機関ローンの申込に対して、どのような方が不合格となりやすいか紹介されています。このような情報をたくさん入手して、自分の状況と比較してみれば、ある程度自分が審査に合格できるかどうか判断できるのではないでしょうか。

 

プロミスおまとめローンでは、一般的な「フリーキャッシング」と同程度、もしくはそれ以上の基準で審査が行われています。不合格となりやすい方の傾向から審査基準について探ってみましょう!

 

@個人信用情報に事故情報が登録されている方

ローンの申込に対しては、金融機関では必ず個人信用情報の確認を行います。個人信用情報とは、これまでのローンやクレジットカードなどの契約情報、借入情報、支払情報などが記録されているものです。個人信用情報は信用情報機関で管理されており、日本では3社の信用情報機関があります。

 

プロミスはこのうち「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」と「株式会社日本信用情報機構(JICC)」に加盟しています。この個人信用情報で次のような問題点が確認されると、まず審査には合格できません。

 

長期延滞 2〜3ヶ月以上返済が遅延されると、その情報が長期延滞として記録されます。
債務整理 法律に基づいて借金を整理すると、その情報が記録されます。債務整理には、自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などがあります。
強制解約 借入利用者が長期延滞を発生したり、契約違反を犯した場合は、強制的に契約を解約されることがあり、その情報が記録されます。
代位弁済 借入利用者の返済が滞った場合、金融機関の保証会社が返済を代わって行うことがあります。これを代位弁済といい、その情報が記録されます。

 

これらの情報、いわゆる「ブラック」の状態は、審査では致命傷となります。長期延滞情報は1年〜5年、その他の情報は5年〜10年、一度記録されると消えることなく保存されます。この期間はまず審査には合格できません。

 

A借入件数が5件以上ある方

おまとめローンは、複数の借入を一本にまとめるローンです。とはいっても、あまり多くの先から借入を利用している場合は、審査にも不利となります。ここでは借入金額よりも借入件数が重要視されます。つまり細かい借入をたくさん利用されている方は、その分高額融資を利用できない方と判断されてしまうのです。

 

プロミスおまとめローンでは、借入件数5件がひとつの目安となっているようです。5件以上、消費者金融などから借入を利用されている方は、おまとめローンとはいえ審査では不合格となる可能性が高いといえるでしょう。

 

ちなみにプロミスおまとめローンは銀行などの借入はおまとめできません。しかし審査では銀行からの借入も件数として判断材料とされますので注意しましょう。

 

B安定した収入が無い方

いうまでもなく収入がなければ、毎月の返済にも不安が残ります。審査で重要視される「安定した収入」が確保されなければ、まず審査には合格できないでしょう。ここでいう」「安定した収入」とは、申込者本人が勤務などから得た給与収入などを指します。年金や生活保護などからの収入は、安定した収入とはみなされません。

 

C特定の企業・職業に就いている方

ある特定の企業や職種で勤務している方は、審査に合格できません。それは「反社会的勢力」に関係している先です。プロミスでは、独自の情報網から反社会的企業をリストアップしています。

 

  • 暴力団関係企業
  • 過去に犯罪や詐欺に関係した企業

 

このような先に勤務している方は、審査に合格できません。
また以下のような職種の方は、収入が不安定として審査に不合格となる可能性が高いようです。

 

  • タクシー運転手
  • 皮革製造業や港湾作業の従業員
  • 作家・漫画家・写真家・画家・作詞家・作曲家
  • 芸能人・プロスポーツ選手
  • フリーライター・フリーレポーター・フリーの司会者
  • 投資家

 

D過去にプロミスで問題を起こした方

プロミスの利用者の情報は、プロミスの社内で記録され、半永久的に消えることはありません。つまり過去にプロミスを利用して、なんらかの問題を発生させた方は、当然審査には合格できません。

 

  • 30日以上の延滞
  • 7日以上の延滞を5回以上発生させた
  • 利用者本人ではなく、家族などの第三者が返済を行った

 

このような方は、ふたたびプロミスを利用することはまず不可能です。

 

E審査基準でマイナス要素が多い

プロミスの審査では、コンピューターによる自動審査が導入されています。まずはコンピューターの自動審査に合格できなければ、次の段階へ進むことができません。自動審査では、以下の項目でマイナス要素が多いと判断されると不合格という結果になってしまいます。

 

年齢 25歳未満あるいは60歳以上だと不利
勤続年数 3ヶ月未満だと不利
健康保険の種類 国民健康保険だと社会保険に比べて不利
住まいの種類 ひとり暮らしや家賃・ローンの支払いがあると不利
消費者金融の借入件数 多いほど不利

 

これらのマイナス要素が重なると、自動審査には合格できません。

 

プロミスおまとめローンの口コミ情報

プロミスおまとめローンについての口コミ情報を紹介しましょう。実際に申込を行い利用された方の生の声は、これから利用を検討された方にとっては大変参考となるものです。多くの情報を入手して、申込を行うかどうか考えていきましょう。

 

プロミスおまとめローンでは「審査が早かった」という声が多い反面、「審査に時間がかかった」という声もあるようです。通常のフリーキャッシングとは違い、審査スピードは人それぞれのようですので注意しましょう。

 

審査が不安でしたが合格できました

 

・30代男性
・派遣社員
・年収250万円
・借入希望金額100万円

 

他の消費者金融で3件、合計100万円のカードローンを利用しており、おまとめローンでひとつにまとめたいと考えてプロミスに申し込んでみました。派遣社員で審査に合格できるかどうか不安でしたが、1時間程度で合格の報告を受けることができました。まちまちだった返済日が1日になったので返済管理がずいぶん楽になりました。

パートの主婦でも利用できました

 

・30代女性
・パート
・年収90万円
・借入希望金額40万円

 

パートで収入も少なく、審査に合格できるかどうかわからず、ダメもとで申し込んだらなんと合格できました。2社の借入をひとつにまとめ、金利もそれほど差はないのですが、借金がひとつになったことで精神的に楽になりました。利用では主人と相談してきめましたが、これからは家族に迷惑をかけないよう自分の収入でしっかり返済していきます。

おもったより低い金利で契約できました

 

・40代男性
・正社員
・年収500万円
・借入希望金額250万円

 

おまとめローンを利用したいと考え、様々な情報を集めてみました。消費者金融のおまとめローンは金利が高いと考えてみましたが、友人のすすめからプロミスに申し込んでみたところ、おもったより低い金利で契約できました。借入件数が4社と多めでしたので、銀行のおまとめローンは審査に不安を感じたのでプロミスに決めてよかったです。

 

プロミスおまとめローンの商品概要

ここでプロミスのおまとめローンの商品概要を確認しておきましょう。

 

借入対象者

・20歳以上65歳以下
・本人に安定した収入があること

 

安定した収入があれば、学生、パート、アルバイトの方でも利用することができます。

 

資金使途

・他の貸金業者からの借入金返済

 

貸金業者とは消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングを指しています。銀行カードローンなどは対象とはなりません。またクレジットカードのショッピング利用も対象とはできませんので注意しましょう。

 

借入限度額

・最高300万円

 

プロミスの一般的な商品「フリーキャッシング」の借入限度額500万円と比較するとやや低い水準となっています。当然誰もが最高300万円を利用できるわけではなく、プロミスが行う審査によって借入可能額が決定されます。

 

金利

・実質年利6.3%〜17.8%

 

フリーキャッシングの金利は実質年利4.5%〜17.8%です。最上限金利は同じですが、最下限金利はおまとめローンやがやや高い水準となっています。実際に適用される金利は審査により決定されます。

 

延滞利率

・実質年利20.0%

 

法律で定めることのできる最上限金利です。日割りで計算されますので、わずかな遅れでも大きな負担となることもあります。しっかりした返済計画を立てて、きちんと返済するようにしましょう。

 

返済方式

・元利定額返済方式

 

返済日

・5日、15日、25日、末日の中から選択できます。

 

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座振替以外では5日となります。プロミスを利用する場合は、事前にどちらかの銀行口座を開設して、口座振替で返済することをおすすめします。

 

返済期間・回数

・最終借入以後最長10年
・1回〜120回

 

担保・保証人

・不要

 

借入に際して担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。逆にいえば担保や保証人を頼りにした借入はできないということです。審査ではあくまで利用者本人の返済能力が問題となります。

 

プロミスおまとめローンのメリット

@最短即日融資

おまとめローンはその性質上、申込から融資実行までに時間がかかるものが多くなっています。銀行のおまとめローンでは、1週間以上かかることも多いようです。おまとめローンの利用では、それほど緊急性は要求されないようですが、審査の回答時間は短いにこしたことはありません。「はたして自分は審査に合格できるのか」と不安を抱えながら数日過ごすのは、精神的にもつらいものです。

 

プロミスのおまとめローンは、最短即日融資を宣伝しています。早ければ申込から審査回答まで、最短で1時間で完了させることができます。平日の午前中に申込を行えば、平日14時までに他社への返済を含めてすべての手続きを完了させることも可能です。

 

ただし口コミ情報などでは、借入件数が多い方は審査でも時間を必要としているケースもあります。あくまで「即日融資可能」ということですので注意しましょう。

 

Aパート・アルバイトでも利用可能

安定収入があれば、パートやアルバイトの方でも利用することができます。年収による制限を設けておらず、申込資格に対してのハードルも低いといえるでしょう。

 

プロミスのおまとめローンは、総量規制対象外となっています。商品内容などでも「貸金業法に基づくおまとめローン」と紹介されています。申込金額が年収の3分の1という制限を受けることはありません。ただし借入できるかどうかは、審査により決定されますので、誰もが借入できるとは限りません。

 

B返済代行システム

プロミスのおまとめローンでは、他社への返済をプロミス側が代行してくれます。振込手数料や代行手数料は必要なく、複数への借入返済でもなんなく代行してくれます。

 

おまとめローンでは、契約後他社への返済をすぐに行う必要があります。中には返済後の完済証明書などを提出しなければいけない先も多くあります。そのような中で、返済代行システムはうれしいサービスです。返済による手間や時間を省くことができますので、非常にありがたいといえるでしょう。

 

C繰上返済がしやすい

おまとめローンの利用後は、できるだけ早期に返済を行うのが得策です。その性質上借入金額が大きくなりがちなので、利息の支払負担を減らすためにも、計画的な繰上返済が重要です。

 

プロミスのおまとめローンは、以下の方法で手数料無料で繰上返済を行うことができます。

 

・店舗
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・インターネットバンキング(三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のみ)

 

繰上返済に手数料が必要となる先も多くあります。返済まで手数料を取られるのに抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。様々な方法で手数料無料の繰上返済を利用できるのも、大きなメリットといえるでしょう。

 

プロミスおまとめローンのデメリット

@金利が高め

プロミスおまとめローンの金利は「6.3%〜17.8%」です。金利面を見てみると、銀行のおまとめローンなどにやはり軍配が上がるでしょう。

 

おまとめローンでは、「できるだけ低い金利で」が鉄則です。この点を考慮すると、プロミスおまとめローンは金利面ではかなり不利といえてしまいます。

 

各社のおまとめローン金利比較

 

金融機関名 商品名 実質年率
アコム 借換え専用ローン 7.7〜18.0%
プロミス おまとめローン 4.5〜17.8%
アイフル かりかえMAX 12.0〜17.5%
アイフル おまとめMAX 12.0〜15.0%
オリックス・クレジット VIPフリーローン 3.5〜14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8〜14.6%
東京スター銀行おまとめローン おまとめローン 5.8〜14.8%
東京スター銀行のりかえローン のりかえローン 7.8〜9.8%
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) ネットローン(プレミアムコース) 1.59〜7.99%
楽天銀行スーパーローン スーパーローン 1.9〜14.5%

 

A借入上限金額が低い

プロミスおまとめローンの借入上限金額は「300万円」です。通常のフリーキャッシングの借入上限金額「500万円」と比較すると低い基準となっています。他社借入金額が300万円を超える場合は、一括でおまとめすることができません。こちらも銀行おまとめローンなどに軍配が上がるようです。

B来店しなければいけない

プロミスおまとめローンを申し込むには、店舗もしくは自動契約機を訪問しなければいけません。残念ながらインターネットからの申込には対応していません。訪問する手間や時間、交通費なども考えなければいけません。来店不要のおまとめローンを提供している先も多いなかで、この点は残念ですね。

 

おまとめ金額100万円以上ならプロミスおまとめローンで

プロミスのおまとめローンの上限金利は「17.8%」です。適用される金利は審査により決定されます。

 

一方、借入希望金額が100万円以上であれば、適用金利が「15.0%」以下となる傾向が高いようです。例えば、A社40万円、B社20万円、C社50万円のカードローンを利用されている方は、借入総額は合計110万円となります。これをプロミスのおまとめローンでおまとめした場合、審査に合格できると適用金利は15.0%以下に決定される可能性が高いのです。

 

もちろん審査の内容では、必ず15.0%以下となるわけではありません。しかし収入状況、返済状況、個人信用情報などに問題なければ、15.0%以下で契約できる可能性が高いといえます。この上限金利15.0%であれば、銀行おまとめローンなどと比較してもそれほど差はないかもしれません。

 

プロミスのおまとめローンの借入限度額は上限300万円です。他社の借入総額が100万円以上300万円以下の方は、一度利用を検討されてみてはどうでしょうか。

 

プロミス
⇒プロミスを今すぐ申し込む