重ねた申し込みでブラック状態に

おまとめローンの審査に申し込みをして、もし、何度も審査に落ちているなら一度考え直す時間が必要です。なぜ審査に通らないのか、その原因を考えないまま申し込みを須続けても審査に通るのは「申し込みをするたびに難しく」なります。

 

申し込みを短期間のうちに何度も行う。その履歴は個人信用情報機関に記録されています。

 

個人信用情報機関とは
個人の債務のすべての情報を管理保有している民間企業です。日本に3社あり、それぞれが扱っている情報には違いがあります。消費者金融などの貸金業法で定められた個人信用情報機関が2つ、主に銀行融資情報を保有する個人信用情報機関が1つ。

 

契約情報、返済の状況はもちろんのこと、実は「申し込みをした」だけでもその情報が記録されます。審査に通過したかどうかの項目はありません。しかし、契約をしたかどうかは記録として残ります。

 

つまり、申し込みをしたけれども契約をしなかったとなれば「審査に落ちた」ことが予想されます。

 

そして1社目の審査よりも2社目の審査が厳しくなるもの。2社目の審査では通常の審査項目に加えて「なぜ1社目の審査に落ちたのか」が危惧されるからです。

 

やみくもに申し込みをすればするほど、おまとめローンの審査に通りづらくしています。

 

現在の借入先に対する返済状況は?

現在、複数の借入先があるでしょう。月に何度も訪れる返済日、それぞれの返済額は間違いなく管理できているでしょうか。

 

返済先が多くなればなるほど、状況は混乱してきます。返済額が支払えずに困窮するというのではなく、毎月何度もやってくる返済日に追われ困惑する状態です。

 

そうなると当然多くの人が経験があるのは「返済忘れ」です。どうしても返済額の用意ができなかったという故意ではなかったにしろ、うっかり忘れは非常に多いもの。しかし「貸主側の都合」でみてみると「返済日から遅れた」事実だけが残ります。

 

おまとめローンに限ったことではありませんが、審査は「確実に返済ができること」を調べるためのものです。もちろん返済ができなければ貸す側は回収ができず貸した分だけ赤字になります。

 

返済が遅れがちになっていたのであれば審査に通ることは難しいでしょう。返済が遅れたという記録は半年間、個人信用情報機関で保有されています。確実に返済を半年続ければ遅延の情報は消えますが、3か月以上の返済の遅れがあれば完全なブラック扱いになります。

 

借り入れ件数が多すぎる?

複数の借り入れをまとめることを専用としているのが大手消費者金融のおまとめローンです。銀行では専用のおまとめローンがないためにカードローンを使ったおまとめであり、「おまとめにも利用できる」とホームページ上に記載されています。

 

ただし、いずれの場合でも「借り入れ件数4社以上は多すぎ」と考えた方がよさそうです。他社からの借り入れ件数が3社以内であれば審査に通った声は多く聞かれるものの、4社以上にになると突然に審査に通らなかった声が多く聞かれるようになります。

 

おまとめ前に、残高と借入可能額をうまく使って借り入れ件数を減らすことも可能です。申し込みをする前に現在の状況をしっかりと確認し、無駄にならない申し込みにしましょう。

 

おまとめローン前の準備は、借り入れ件数を見直すことから

 

おまとめローンに落ちる理由は?アンケート結果を弁護士が考察!

おまとめローンを利用したら借金返済が楽になる事がありますが、誰でも利用できるわけではないことに注意が必要です。おまとめローンには審査があり、条件を満たしていないと落ちてしまって利用できないからです。おまとめローン審査に落ちた人はどのくらいいて、どのような理由によるのでしょうか?今回は、おまとめローンの審査に落ちた経験があるかどうかとその理由について、みなさまにお聞きしてみました。

 

おまとめローンの審査に落ちたことはありますか?

【回答数】
はい:14
いいえ:86

 

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2016年11月04日〜2016年11月18日
有効回答数:100サンプル

 

大多数の人が「落ちたことはない」と回答!

おまとめローンの審査には、「落ちたことがない」という回答が86%となっており、かなりの優勢でした。

 

おまとめローンを利用しようと思ったことがなく、審査の申請をしたことがないため。
(20代/女性/会社員)

きちんと借りた金額は返しているから信用されているのだと思っています。
(20代/女性/学生)

特にNOの返事が来たことがないから。普通に審査で通ったから。
(30代/女性/専業主婦)

ちゃんと真面目にやっているので落ちたことはない。よっぽどのことがない限り落ちないと思う。
(10代/男性/学生)

堅実なところに申し込んだからだと思います。また、無謀な金額ではなかったからです。
(40代/女性/自由業・フリーランス)

 

審査に落ちたことがないという人の意見としては「普通に審査に通った」とか「真面目にやっている」「堅実なところに申し込んだ」など、きちんと自分で考えて対応しているから落ちないのだ、という意見が多かったです。これは、裏を返せば、状況を考えずにやみくもに申し込むと、審査に落ちる可能性があるということです。おまとめローン審査に申し込む際には、計画的にすすめる必要があるということですね。

 

審査に落ちた人の理由は、収入と他の借金の利用歴!

おまとめローンの審査に落ちたという人は、14%でした。数だけ見ると少ないですが、内容には注目すべき点があります。

 

クレジットカードを何枚もつくっていたせいなのか審査に落ちた。
(30代/男性/会社員)

申込みをしたことがありますが、あっさりと落ちました。延滞をしていたことが原因だと思います。
(30代/男性/パートアルバイト)

数社の借り入れ額の合計と、その時の年収額が見合わなかったのだと思います。
(50代/女性/契約派遣社員)

おまとめローンを審査してもらったけど、まとめる事のできないローンが混じっていたので、審査に落ちました。
(40代/男性/個人事業主)

複数の借入先の申し込み書類を提出する際に、一部の金融業者の書類を紛失してしまったため。
(30代/男性/会社員)

 

おまとめローンの審査に落ちた人は、既にある他の借金が問題になっているケースが多いです。クレジットカードなど、既に他の借金の借入額が大きいと審査には通りにくいです。また、審査に通るには充分な返済能力が必要なので、収入が不十分な場合にも審査に落ちてしまいます。おまとめローンに申し込む際には、今の借入額合計と収入(返済能力)のバランスが必要だと言うことになりますね。

 

8割以上の人が審査に通っているわけではない!

今回のアンケート結果では、86%の人が「審査に落ちたことがない」と答えています。この結果の数字だけを見ると、おまとめローン審査に落ちることはほとんどないかのように思えます。しかし、実際には、「申し込んだ人の8割」が審査に通っているわけではないことに注意が必要です。

 

今回のアンケートでは「そもそも審査を受けたことがない」人が多く含まれているからです。このような人を外して、「おまとめローンに申請した人の中だけ」で何人の人が審査落ちしているのかを調べてみたら、実際の数字はかなり低くなってくるはずです。「おまとめローンの審査を受けたら8割以上通る」ということにはならないので、今後審査に申し込もうとする方は覚えておきましょう。

 

おまとめローン審査に通るためのポイントは?

おまとめローンの審査を受けて通っている人の回答結果を見ると、「真面目にやっているから」「堅実に申込みをした」「無謀な金額ではなかった」などとなっており、今ある借金への普段の対応やおまとめローンの審査の申込の場面で、適切に対応していることがうかがえます。

 

これに対し、審査に落ちた人は「他の借金が多かった」「収入が低かった」「今まで返済を延滞したことがある」などと回答しており、普段の借金返済の態度に問題があったり、申請に臨む際に計画性が見られなかったり、などの問題があるようです。

 

このようなことから、おまとめローンの審査に通りたいなら、今ある借金返済は遅れずに真面目に取り組むこと、審査を受ける際の自分の収入や借入金額のバランスなども考えて、計画的にすすめることが大切だと言えます。今回のアンケート結果を参考にして、上手におまとめローンを利用しましょう。

 

文責:福谷陽子
元弁護士。京都大学法学部卒(現役合格)、在学中に司法試験に合格。1年を海外旅行などして過ごし、司法修習を経て平成16年10月に弁護士登録。陽花法律事務所を設立し、債務整理や離婚相続など、個人の事件も幅広く取扱い、市民から多くの支持を得ていた。