おまとめローンDX運営事務局

みなさま、初めまして!おまとめローンDXの運営者です。
おまとめローンについて詳しく詳しく解説をしております。まずはこのサイトをご覧いただけたことに感謝いたします。

 

おまとめローンを調べてこのサイトにたどり着いたということは、本人もしくは近しい方が複数の借金を持っていることに悩んでいるのではないでしょうか。
返済日が来るたび言い知れぬ不安を感じる、その気持ちよくわかります。

 

家族の借金をまとめた知識を伝えたい

私がおまとめローンを調べたのは、家族の債務がきっかけです。債務といえば仰々しい感じがしますが簡潔にすればそれは借金。家族に借金があることが発覚してからというもの、返済の計画を一緒にたてたり、毎月の収支の計算を一緒にしたり。

 

最初は1社だったものが、話を聞いていくうちに4社からの借金があることがわかりました。あの時には落胆したものです。

 

本人すら現状が把握できていない状況で、個人信用情報機関に情報開示請求をしました。3社すべての個人信用情報機関に照会しなければすべての状況が把握できないとも知らなかった当時。返済があるのに個人信用情報機関には登録されていない、これは闇金融なのではないかと思い込みましたが、いざ調べてみるとほかの個人信用情報機関には掲載されていました。
債務の調べ方すらわからなかったということです。

 

それからというもの、とにかく躍起になって調べました。借金の状況を確認し、それぞれから4つの項目を確認。

  • 残高
  • 金利
  • 返済日
  • 返済額

しかしこれだけでは返済の進め方が変わるわけでもなく、そこにはさらに詳しく調べなければならないさいざまなことがあることもわかってきました。

 

ようやくたどりいたのはおまとめローンという決断。
どうしておまとめをしなかったのか、本当に悔やまれます。しかし、当時はおまとめローンを知らず、さらにおまとめローンという言葉を知ってからも新しい債務に手を付ける恐怖がありました。
もし今その当時に戻れるのであれば、一刻も早く借金を一本化する道を伝えに行きます。
おまとめローンをするまでの期間、無駄な時間を過ごしました。
それは「利息」が無駄だったのはもちろんのこと、それ以外にも「返済日が複数ある負担」も「毎月何度もある返済日への恐怖」も精神的な大きな負担もです。

 

今、おまとめローンを知りたいとここまでたどり着いたのであればチャンスです。大きな不安を抱える問題は、解決策が見つかれば精神的に軽くなるものです。

 

債務整理にしなかったワケ

真剣に考えました、債務整理が最も楽な道なのではないかと。しかし、どう調べても容易な道ではない。それどころか債務整理ができたとしても自己破産しない限りは債務がなくなるわけではない。利息がカットされるだけというのが基本であり、3年以内の完済が条件になります。
となれば金利の低いおまとめローンにして負担のない返済額で長期的な計画を立てた方が安全なのではないかという結論です。
債務を負った家族には自己破産させることも検討しましたが、調べれば調べるほど自己破産の危険性と、その後の生活の不安が浮き彫りになるばかりでした。

 

専門家の意見に耳を傾ける

経験上わかります、インターネットで情報を収集することの危険性です。インターネットにはさまざまな情報が溢れています。それはまさに錯綜。正しい情報を集めることは難しいものです。

 

それでは正しい情報とはどこにあるのでしょうか?

 

公的機関、そして専門家です。
しかし公的機関で公開している情報でさえ知識がなければ読み解くことは難しいはずです。当時の私も実際にはそうでした。専門家のもとに何度も足を運び、十分につけた知識でようやく公的機関が公開している情報、日本貸金業協会、指定信用情報機関などのさまざまなことが理解できました。
専門知識を持った弁護士、司法書士の存在は大きなものです。

 

今回、このサイトでは弁護士からの考察を載せています。信頼できる言葉がある、それだけで錯綜した情報源の中から見つけ出すものはどこなのかを知っていただけるはずです。

 

知らなければならなかったのは、比較だけではなかった

さまざまな銀行があり、借金を一本化することもできます。消費者金融ではおまとめローンも用意されています。金利を比較する、それだけが重要ではありません。
実際におまとめをしようと考えたときにはじめてそれがわかりました。

 

何を比較しなければならないのか、なぜ比較が必要になるのか。それを知るための手段は「知識」しかありません。

 

まず、おまとめローンの知識があれば「消費者金融のおまとめローンは除外」します。複数の借金があることを前提としたおまとめ専用のローンですが除外します。比較するための知識があれば、実は当然の流れです。

 

このサイトでは必要最低限ではなく十分な比較項目と、そして適切な比較を表にしています。そしてなぜ比較しなければならないのか、その知識も詳細に解説しています。

 

これからおまとめローンを検討する、実体験があったからこそ伝えられるおまとめの方法。恩着せがましく紹介しているのではありません。私が家族の債務として大きな複数の借金と直面して解決した道のりが寄り道ばかりで心底困難だったことから、これらの情報を知らないことの恐怖を感じます。教えたいのではなく、知っていてほしい。おまとめローンについてだからこそ徹底してお伝えしています。

 

問合せ先