在籍確認は必須事項?

いくつものキャッシングを利用中であれば、申し込み後の審査で在籍確認があったことを覚えていることでしょう。おまとめローンでは在籍確認はどのように考えていますか?

 

今、在籍確認は必須ではないキャッシングも出てきました。例えば消費者金融のモビット。在籍確認は勤務先への電話ではなく、収入証明書類で行われています。またプロミスも相談次第では収入証明書類で代用しています。それでも一般的には勤務先への在籍確認は必要です。

 

なぜ、在籍確認が必要なのでしょうか?

 

おまとめローンに限らず、お金を貸すからには返してもらわなくてはなりません。融資と返済は切り離して考えることはできません。昔は借金の申し込みには来店による対面しかありません。在籍確認も電話で行われたり書類で代用出来たりと対応も様々でしたが、そこには「対面審査」があったからです。申込者の人柄も審査の項目として加えられており、在籍中の確認方法は柔軟に行われていました。

 

しかし現在のキャッシングはネット申し込みが基本です。申し込みから借り入れ、返済までの一連の流れの中でキャッシング先の従業員と対面する機会などありません。

 

顔も知らない一個人を本人確認書類だけで信用するのはあり得ないことは想像がつきます。

 

本人確認書類にある情報から、個人信用情報機関に過去や現在の債務状況を照会し、勤務先に電話をして在籍していることを確認します。

 

融資をするためには、確実な返済が必要です。返済をするためには、収入を得ていることが必要です。収入を得ているためには、勤務していることが必要です。勤務していることを確認するためには、直接電話を掛けることになります。こうして考えると、在籍確認は審査をするときには欠かせない手続きであることがわかります。

 

消費者金融は担当者が個人名を名乗る

消費者金融のおまとめローンでは、消費者金融の担当者が個人名を使って勤務先に電話を掛けています。

 

貸金業法では第三者に債務の事実を伝えることを禁じています。そのため消費者金融であること自体、電話口で話すことはありません。また本人であることを名乗っても、生年月日等いくつかの質問があり、それに答えてようやく本人として話を進められるほど慎重に対応がされています。

 

携帯電話が一人一台以上の時代となり、勤務先に個人名で連絡が来ることの不自然さはぬぐえません。さらに、おまとめローンとなれば既に何度も在籍確認の電話がかかってきているだけに不信に思われるかもしれません。

 

銀行は担当者の個人名か、銀行名を選択できる

銀行では在籍確認時に「担当者の個人名」か「銀行名」のどちらかを選択できるのが一般的になっています。個人名で電話がかかってくるよりも、むしろ銀行名での電話の方が周囲にイイワケができやすいのではないでしょうか。

 

銀行からの電話であれば、クレジットカードの契約や保険商品の加入などさまざまなことがあります。勤務先に電話がかかってくることに不安があるなら銀行名にしてもらった方が安心でしょう。

 

おまとめローンの在籍確認で会社にバレたことはありますか?

おまとめローンの利用に当たり、勤め先の情報を事細かに記載しますね。細かい情報を書けば「それで十分」という場合もあるようですが、中には「在籍確認」までする場合があるようです。在籍確認は電話で行うのが一般的です。では、どのような場合に「在籍確認」がなされるのでしょうか?また、在籍確認に対し、先手を打って対策を立てる必要があるのでしょうか?

 

 

おまとめローンの在籍確認で会社にバレたことがありますか?

【回答】
ある8
ない92

 

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2016年11月04日〜2016年11月18日
有効回答数:100サンプル

 

おまとめローンの在籍確認は意外と少数…だけど

本意ならば在籍確認無しを探していたのですが、どうしても借りる額と比較すると確認ありのものしか選べませんでした。
(20代/女性/専業主婦)

特に問題になる様な事は有りませんでした。ローンの用途も遊ぶ目的では有りませんでしたので心配はしていませんでした。
(60代/男性/無職)

個人名ではなく会社名で言われきずかれてしまい大変な思いをしました。
(40代/女性/パートアルバイト)

事前に申告して自分からばらしていたので問題ありませんでした。
(30代/男性/パートアルバイト)

勤め先の会社にローン会社から電話がかかってきたことがあり、詳しく聞かれたため。
(30代/男性/個人事業主)

 

おまとめローンの在籍確認を受けたことがある方は「1割に満たない」という結果には驚きました。というのも、銀行は在籍確認が当たり前だからです。ところで、抜粋したアンケートの職業欄をご覧頂くと「会社員」という方は一人もいませんね。ローン申し込み者全体では在籍確認を受ける率は低いですが、会社員以外の職業を書かれた方は在籍確認を受ける可能性が高い、といえるのではないでしょうか?

 

在籍確認が会社に「ばれたら、どうしよう」と思う前に先手必勝

多数の方は、在籍確認は無いようですが、やはり、「保険」は掛けておくべきかと。

 

おまとめローンの在籍確認で、会社にバレたことはありません。自分が知らないだけかもしれませんが
(30代/男性/会社員)

事前に会社の事務の人にちょっと買い物をしてローンを組んだから在籍確認の電話があると思うのでよろしくお願いしますと先手を打ったの
でバレていないと思います。
(40代/男性/会社員)

自分の部署に直通の電話番号を登録し、電話も自らで受けた為、誰にもばれていないと思います。
(40代/女性/専業主婦)

もともと自分が電話にでるようにしているし、ばれても話をすれば済むので。
(40代/女性/その他専門職)

在籍確認なしのカードローンを利用しているので、バレたことはありません。
(30代/女性/専業主婦)

 

「ばれたら、どうしよう」と思う前に先手必勝です。まず「在籍確認はない」方の職業から見ていくことにしましょう。社員や専業主婦、その他専門職とありますね。職業の違いが在籍確認の有無を分けることになりそうです。ところで、在籍確認の無かった方たちは、「会社にばれたら、どうしよう」等と、思い悩む前に、先手を打っていますね。先手必勝とは言え、在籍確認は結局無いかも知れない、けど、あるかも知れない。だったら、職場の上司や同僚に隠さずに喋ってしまう。いつ、電話が掛かってきても、誰が電話を受けても良いようにと。

 

在籍確認をされるということは?

おまとめローンの申し込みにあたり、在籍確認がなされる、ということは少なくとも書類審査にはパスしたと言えます。ローン会社はローンの申込書(=または入力した情報、以下、同じ)だけで判断できることがあるからです。具体的には…。
総量規制による収入制限や、他の借入れ状況と滞納の有無、信用情報(=信用情報機関に確認する)、それに、もし、過去に借入れの実績があれば過去の実績。
以上は、おまとめローンを申し込んだ人が書いた申込書(=または入力した情報)だけで、ローン会社が審査することができる項目に当たります。

在籍確認のそもそもの目的は?

申込書には勤務先について、会社名、住所、従業員数、業種・事業、電話番号、そして、申し込む方ご自身の情報として雇用形態や年収、勤続年数等、これだけ事細かに書く必要がありますが、書けてしまうことでもあるので、在籍確認で「実在する会社にキチンと勤めているのか」の裏を取るのです。

在籍確認を避けることができるか?

「在籍確認の無いローン会社」もあり、また「借り入れ額が50万円以下」なら行わない場合もあります。
(銀行の場合は、在籍確認は必須)。
ところで申し込み者がお金を払って利用することができる「アリバイ会社」があります。「アリバイ会社」は電話の応対はしてくれますが、ローン会社の方でアリバイ会社リストを持っていますし、そもそも「アリバイ会社」は「勤務先では無い」はありません。ローン会社にも拠りますが、給与明細や源泉徴収票、健康保険証等のコピーの提出で在籍確認に代えてくれる場合もあります。

避けることができない在籍確認への対策は?

まず、ローン会社から掛かってきた電話に、他ならぬご自身が出ることができるのでしたら問題ありません。ただ、仕事柄、外出があったり、シフトがある場合には、どうしたら良いでしょうか?その場合は、申込者の方で「今日の16時など」のように日時を指定できる等、ある程度の融通は利くようです。また、派遣社員としてお勤めの方の場合、「派遣先」と「派遣元」のどちらに在籍確認があるのか、予め確認しておいた方が良いでしょう。

 

文責:大泉稔
大泉稔1級FP技能士事務所株式会社fpANSWER
明星大学日本文化学部言語文化学科卒業。講師・執筆・コンサルティング・保険代理・金融商品仲介業を軸に法人・個人を問わず活動中